本サイトではプロモーションが含まれています

釘宮一(文房具博士ちゃん)の出身小学校に中学校は?wikiプロフと文具は650点以上!

釘宮一(くぎみや・はじめ)くんが通う出身小学校と進学予定の中学校は不明ですが、文房具博士ちゃんのwikiプロフはもちろん、650点以上の文具をコレクションしている件についても掘り下げていきます。

2023年11月25日放送の「博士ちゃん」に初出演することが決まった釘宮一くんですが、文房具博士ちゃんになるまでのルーツを探るべく、まずはwikiプロフィールを確認していきましょう。

スポンサーリンク

釘宮一(文房具博士ちゃん)のwikiプロフィール

釘宮一くん(文房具博士ちゃん)は2011年生まれの年齢12歳ではありますが、wikiプロフィールの特定は進んでおらず、ミステリアスな面を持ち合わせています。

名前釘宮一(くぎみや・はじめ)
生年月日2011年(平成23年)
年齢12歳(2023年11月現在)
出身地不明
身長/体重不明

名前と年齢ぐらいしかwikiプロフィールが公表されていない釘宮一くん。

「博士ちゃん」への出演も2023年11月25日放送回が初めてになりますので、番組の中でwikiプロフィールの特定につながるようなネタが出てくる可能性があり、要注目ですね。

(画像一番左の女性が釘宮理恵)

一方、「釘宮」という変わった名字だったこともあり、ツンデレボイスの筆頭格の声優・釘宮理恵さんの息子なのでは?との噂も広がっていました。

釘宮理恵さんの年齢が44歳なので、12歳の息子がいてもおかしくない年代ですが、釘宮理恵さんは結婚しておらず、子供の存在も確認されていません。

ただ、釘宮理恵さんと親戚の可能性もありますから、「博士ちゃん」の放送内容をしっかりチェックしておきましょう。

今度は釘宮一くんの出身小学校と中学校が分かっているかどうか?という点について掘り下げていきます。

スポンサーリンク

釘宮一(文房具博士ちゃん)の出身小学校と中学校は?

釘宮一くん(文房具博士ちゃん)の出身小学校と中学校は特定されておらず、謎めいた部分が多くなっている一方、プレゼン力に長けた子供のため、有名な私立学校に通っている可能性が浮上しています。

・出身小学校と中学校は不明
・プレゼン力抜群の釘宮一なら、有名私立校に通っている可能性も

詳しい学歴についての情報は一切明かされていない釘宮一くん。

芸能事務所に所属していない一般人の釘宮一くんですから、出身小学校と中学校が分からないのは当然のことですが、「博士ちゃん」の予告動画を見る限り、プレゼン力に秀でた子供なのは間違いないでしょう。

頭脳明晰な部分が垣間見える釘宮一くんであれば、難関受験に合格しなければ入学できない私立校出身の可能性もあり、中学校や高校も偏差値の高い有名校に進むかもしれませんね。

スポンサーリンク

釘宮一(文房具博士ちゃん)の父親母親や家族構成は?

釘宮一くん(文房具博士ちゃん)の父親と母親だけでなく、詳しい家族構成も分かっていませんが、文房具に興味を抱いたきっかけを両親が与えた可能性が高く、父親が文房具メーカーの社員なのかもしれません。

・父親と母親の名前や年齢は不明
・兄弟の存在など詳しい家族構成も非公表
・父親が大手文房具メーカーの社員?

小さい頃から文房具の魅力にとりつかれていた釘宮一くんなので、両親のどちらかが文房具と関連している仕事をしていた?と考えるのが自然ではないでしょうか。

特に、父親が我々も知っているような超有名な文房具メーカーで働いていて、ありとあらゆる文房具が家にそろっていたからこそ、釘宮一くんの研究意欲が高まったのでは?と予想しています。

続いては、釘宮一くんがなぜ”文房具博士ちゃん”と呼ばれているのか?という点について調査した結果、自宅に650点以上の文具コレクションを取り揃えている「文房具マニア」だったことが判明しました。

スポンサーリンク

文具コレクションは650点以上の釘宮一(文房具博士ちゃん)

釘宮一くん(文房具博士ちゃん)の自宅には文具コレクションが650点以上もあるほか、ビジネス用のカタログを読み込んだり、修正テープの良さを自由研究にまとめていることが分かりました。

・幼稚園の頃からため込んだお金で650点以上の文具を収集
・ビジネス用の文房具カタログを読み込むことが日課
・修正テープのコスパの良し悪しを自由研究にしている
・大がかりなものには興味がなく、コンパクトな文具に関心を持つ

幼い時からコツコツと貯めたお金を使う形で650点以上の文具コレクションを完成させている釘宮一くん。

ネットサーフィンでリサーチしていくのはもちろん、会社員向けの文房具カタログを欠かさずチェックしていて、見た目だけでなく、実用性の高い文具の収集に情熱を注いでいるのです。

インパクトの強い文具への興味は薄いものの、コンパクトで使い勝手の良さをウリにしている文具の研究に時間を費やしている釘宮一くんですが、とっておきのおすすめ文具はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

釘宮一(文房具博士ちゃん)のおすすめ文具

釘宮一くん(文房具博士ちゃん)のおすすめ文具は「芯が減らない鉛筆」「シナジーチップ」「スピログラフ」の3つで、文房具の新たな可能性を感じさせる貴重なアイテムに熱中しています。

おすすめ文具①芯が減らない鉛筆
おすすめ文具②シナジーチップ
おすすめ文具③スピログラフ

おすすめ文具①芯が減らない鉛筆

X(Twitter)での予告動画を見てみると、芯が減らない鉛筆を紹介していた釘宮一くん。

どの鉛筆をピックアップしているのかは分かりませんが、2023年11月時点で「16キロ書き続けても芯が削れない鉛筆」が存在していることが判明しました。

芯が減らない鉛筆として知られているのが「メタシル」という金属鉛筆で、1本あたり990円もする高価な文房具になります。

\お得なタイムセール/
Amazon
\ポイント最大16.5倍!/
楽天市場
\PayPayで5%還元中/
Yahooショッピング

おすすめ文具②シナジーチップ

「博士ちゃん」の番組の中で、釘宮一くんは文房具の展覧会に足を運ぶ様子が放送されるのですが、予告動画にて「シナジーチップ!」と発言する場面がありました。

シナジーチップとは2016年に発売された新時代のボールペンのことで、ペンの先にあるボールが回転することでインクが飛び出す、という仕組みになっています。

パイロットインキ株式会社が開発した文具で、1本あたりの定価は275円となっており、3本セットで825円、8本セットで2200円という価格設定でした。

\お得なタイムセール/
Amazon
\ポイント最大16.5倍!/
楽天市場
\PayPayで5%還元中/
Yahooショッピング

おすすめ文具③スピログラフ

円状のリングの中で独特な模様を描く、おもちゃのような文具のことを「スピログラフ」といいます。

幻想的な模様を簡単に描き込むことができるため、小さなお子さんのプレゼントとして送られるケースが多く、釘宮一くんも誕生日などの記念日に両親から買ってもらったのかもしれません。

釘宮一くんがどのメーカーのスピログラフを愛用しているのかは不明ですが、子供向けのおもちゃでも3000円前後の相場となっていました。

\お得なタイムセール/
Amazon
\ポイント最大16.5倍!/
楽天市場
\PayPayで5%還元中/
Yahooショッピング
スポンサーリンク

まとめ

釘宮一くん(文房具博士ちゃん)の出身小学校と中学校は分かっておらず、wikiプロフの特定も進んでいない状況ですが、プレゼン力がズバ抜けているインテリなのは間違いないでしょう。

文具のコレクションは650点以上というのはもちろん、芯が減らない鉛筆やシナジーチップ、スピログラフといった大人も知らないような文房具を網羅しているからこそ、釘宮一くんは”文房具博士ちゃん”と呼ばれているんですね。

error: Content is protected !!