鍵山優真の父の病気は脳梗塞や脳出血?現在は杖や車いす生活も

鍵山優真 父 脳出血

北京オリンピックにも出場し、好成績を収めた鍵山優真さん。

そんな鍵山優真さんのお父さんは元プロフィギュアスケート選手ですが、実は昔に脳の病気で倒れています。

後遺症は残りましたがなんとか復帰し、鍵山優真さんのそばで見守る様子をテレビで見たファンたちは「脳梗塞か脳出血でも起こした?」と思ったそうです。

そこで今回は父親の鍵山正和さんの病気は脳梗塞か脳出血なのか、症状はどうなのか、現在の容体はどうなのか、解説していきます。

スポンサーリンク

鍵山優真の父・鍵山正和の脳梗塞や脳出血はいつ頃?

鍵山正和さんが患ったのは脳梗塞ではなく脳出血で、息子である鍵山優真さんが14歳の頃に発症しました。

このとき鍵山優真さんはジュニアグランプリシリーズ派遣選考会に出ており、父に起きたことを知ったのは演技を終えた直後だったそうです。

この知らせを聞いた鍵山優真さんは当たり前ですが、相当なショックを受けました。

「あまり状況が理解できなくて。気づいたらお父さんが病院にいた」と鍵山。

引用元:日本経済新聞

父親の鍵山正和さんも不安があったそうで、この先コーチとしても親としてもやっていけるのか悩んでいたようです。

脳出血の病気は2018年6月23日

脳出血を発症したのは2018年6月23日、鍵山正和さんが46歳のときです。

迅速かつ適切な処置が出来たおかげで、最悪の事態は避けられましたが、後遺症は残ってしまいました。

その後遺症とは左半身の麻痺と軽度なのですが、懸命にリハビリを頑張った成果と言えます。

後遺症は左半身に麻痺が残る

一般的に脳出血は出血した逆側に麻痺が起こります。

今回、鍵山正和さんは脳の右側が出血したようで、左半身に麻痺が残ってしまいました。

脳出血の後遺症は日常生活に支障をきたすものが多く、主に麻痺、言語障害、認知力の低下などがあります。

そんな中で、後遺症が左半身麻痺だけなのは不幸中の幸いだと言えますね。

スポンサーリンク

鍵山優真の父・鍵山正和の病気の症状は?

鍵山正和さんの病気の症状は麻痺です。

麻痺とはなにかしらが原因で神経が働かなくなった状態のこと。

神経は脳からくる信号を届ける役割を持っていますので、麻痺してしまうと身体が思ったように動かなくなります。

では具体的にはどのように日常生活へ影響が出ているのでしょうか。

左足の麻痺で杖の支えが必要な時がある

一番困るのが足の麻痺で、現在は杖を使っているようです。

左半身麻痺とのことなので、もちろん足も使えません。

そのため、左足には装具付きの靴を履き、杖を使って歩いています。

もう以前のようにスケートをすることは難しいでしょう。

鍵山正和さんも有名なフィギュアスケーターだったので、倒れなければ親子で一緒に滑るという未来もあったかもしれませんね。

車椅子で移動することもある

鍵山正和さんは長いときの移動は車椅子を使っているそうです。

身体に負担と時間がかかるので、車椅子を使っているのではないでしょうか。

2021年3月の世界フィギュア(ストックホルム)では鍵山優真さんが車椅子を押している様子が記者に撮られています。

お互いに頼り頼られるいい関係ですね。

顔面の麻痺が残る

左半身麻痺なので、身体だけでなく顔にも影響しています。

幸いなことに呂律障害もなく、インタビューなどの会話はスムーズに出来ているみたいです。

しかしたまに口をギュッと結んでいるところから、意識しないと口角が下がってしまうことがわかります。

左手も麻痺が残っている

左手も麻痺しており、緊張して握り込んでしまう「痙縮(けいしゅく)」を起こしている場面も見られます。

先程ご説明した通り、足も麻痺しているため歩くときの杖が必要です。

しかし鍵山正和さんは左手も麻痺しているため、右手で杖を持って歩いています。

どちらが利き手かはわかりませんが、もし左手が利き手なのだとしたら私達が思っているよりも生活は不便なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

鍵山優真の父・鍵山正和の現在の容体は?

鍵山正和さんの容体は、現在では安定しているようです。

しかしこれからは悪化することはあっても良くなることはありません。

だからといってリハビリをサボると関節が固まったり、筋力が低下して歩けなくなってしまいます。

そのため鍵山正和さんは今でもリハビリを頑張って続けているそうです。

鍵山正和が入院中もLINEでアドバイスをもらっていた

息子の鍵山優真さんのコーチもしていた鍵山正和さん。

脳出血で倒れて入院してもLINEを通してアドバイスをしてたそうです。

父に直接指導を仰げなくなったため、もう一人のコーチで振付師の佐藤操に見てもらいながら練習する日々が始まった。こまめにジャンプの動画を撮っては正和にLINEで送り、返ってきたアドバイスをもとに練習を繰り返す。

引用元:日本経済新聞

この一件で今まで父親のいう練習をただこなしていた鍵山優真さんにも心境の変化が表れます。

父親がリンクに来なくなったことで、自分は今何をするべきか考え出すようになったそうです。

現在鍵山正和さんは技術のアドバイスのみで、それ以外は佐藤操コーチ、振り付けはローリー・ニコルさんの三人体制で行っています。

2022年2月現在も左手に麻痺が残っている

2022年2月現在も左手には麻痺が残っていますが、悪化はしていないようです。

これ以上悪くしないとリハビリを頑張っている証拠ですね。

また鍵山正和さんは車椅子を使ってでも息子の大会には一緒に行くと決めているようです。

「ずっと一緒に行きたかった。すごくうれしい」と優真が言えば、正和氏も愛息のために腹を決めた。まだ患う前のような歩行は困難だが、車いすを使ってでも同行する、と。

引用元:日刊スポーツ

これからも親子で協力しながらフィギュアスケートを続けてもらいたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「鍵山優真の父の病気は脳梗塞や脳出血?現在は杖や車いす生活も」についてご紹介しました。

脳出血になったのは2018年6月23日鍵山正和さんが46歳のときで、一命は取り留めましたが後遺症が残る結果に。

後遺症は主に左半身の麻痺で、手、足、顔に残ってしまいました。

そして鍵山正和さんの現在の容体はですが、安定しているようです。

医学は日々進歩していますので、この先麻痺も治すことができるかもしれませんね。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オモシロゴト
error:Content is protected !!