本サイトではプロモーションが含まれています

須賀川拓が結婚した嫁妻はどんな人物?子供は娘・息子の2人で英語も得意!

須賀川拓(すかがわ・ひろし)さんが結婚した嫁妻はどんな人物で子供は英語が得意な娘・息子の2人?と噂されているようですね。

「クレイジージャーニー」に出演する須賀川拓さんは戦場ジャーナリストとして活躍する一方、嫁妻や子供にまつわる話題がそこまで多くないので、ここでは結婚した嫁妻・子供の情報を総まとめしていきます。

スポンサーリンク

須賀川拓が結婚した嫁妻はどんな人物?

須賀川拓さんが結婚した嫁妻はどんな人物なのでしょう?

結婚後に判明したエピソードから嫁妻の人間性を探っていきます。

饒舌な須賀川拓を上手くいなす

ジャーナリストや記者の中ではトークがかなり上手な須賀川拓さんですけど、自宅でも饒舌な面は変わっていないようで、深夜に帰宅した時も嫁妻に何度も話しかけてくるそうです。

「静かにして!」と怒るのではなく、「話すのが本当に大好きだよね」と嫁妻は須賀川拓さんを上手くいなして、機嫌が悪くならないように気を遣うことも少なくないとのこと。

休日は家族団らんを優先

戦場ジャーナリストとして厳しい現場を駆け回っている須賀川拓さんは1年の大半を自宅以外の場所で過ごしているのですが、つかの間の休日は家族団らんを優先していて、嫁妻や子供たちと一緒に出かけることが多いようです。

急にスケジュールが決定するケースも多い須賀川拓さんですけど、嫁妻は夫の動向に合わせる形の生活を過ごしているのは間違いなく、夫・須賀川拓さんのことを心の底から尊敬している点をうかがい知ることができますよね。

スポンサーリンク

須賀川拓の奥さんとの馴れ初めは?

須賀川拓さんの結婚相手の奥さんとの馴れ初めについて調べてみましたが、結婚した時期だけでなく、馴れ初めや出会いに関連する情報が一切出回っていないので、詳しい馴れ初めは不明となっていました。

奥さんの素性にまつわるネタが全然拡散されていない状況ですから、結婚したきっかけすら分かっていませんけど、須賀川拓さんが2006年にTBSへと入社し、戦場ジャーナリストとしての活動を本格化させたあたりが2人の馴れ初めを掘り下げるヒントになっているのでは?と予想しています。

同じ戦場ジャーナリストで職場恋愛のような形だった可能性がある一方、奥さんがTBSの社員だった説も根強く、TBS局内で須賀川拓さんと奥さんが知り合い、交際につながった可能性も十分あるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

須賀川拓の子供は娘・息子の2人

須賀川拓さんと結婚した嫁との子供は娘・息子の2人いることが分かっています。

上のツイートは須賀川拓さんの公式Twitterに投稿されたものの抜粋になりますけど、「息子(9)、娘(6)」と表記していることから、長男の息子が9歳で長女の娘が6歳の年齢という点が判明しました。

そもそも、9歳の息子が「遺憾ってどういう意味?」と親に質問するのは稀なケースでしょうし、政治家が頻繁に口にする「遺憾」という言葉の意味を知りたがるところは父親・須賀川拓さん譲りのジャーナリスト魂が垣間見えますよね。

9歳の息子は父親・須賀川拓さんと同じくらいの饒舌のようで、嫁妻も手を焼いているようですけど、6歳の娘についてはこれといった情報が出ていませんから、やんちゃな兄と落ち着いている妹という間柄なのかもしれません。

スポンサーリンク

須賀川拓の子供は英語が得意!

須賀川拓さんの結婚相手との子供2人は英語が得意?と話題になっています。

なぜ英語が得意?と噂されるのかというと、父親・須賀川拓さんと一緒にイギリス・ロンドンに住んでいて、子供2人は普段から英語を話しているからです。

須賀川拓さんは自身のTwitterにて子供たちと触れ合う様子もツイートしているのですが、朝ご飯の最中に子供2人が英語で質問してきて、須賀川拓さんと嫁妻も少し困惑する場面もあったとのこと。

また、9歳の息子は週1回のペースでロンドンの日本人学校に通っているようで、上のツイートにあるように、原稿用紙にひらがなや漢字を書き込むなど、日本語の勉強にも取り組んでいます。

6歳の娘も兄と同じ日本人学校で勉強している可能性が高く、英語だけじゃなく日本語もペラペラという秀才に成長していくことでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

須賀川拓さんが結婚した嫁妻はどんな人物?と注目されていますけど、饒舌な夫を上手くいなしたり、休日に家族団らんを優先するなど、旦那思いの奥さんのようですね。

子供は娘・息子の2人がいて、9歳の長男はロンドンの日本人学校に通っていることが須賀川拓さんのTwitterで判明しているほか、6歳の長女も日常的に英語を得意気に話し、戦場ジャーナリストの須賀川拓さんと対等にコミュニケーションを取っていることも分かりました。

error:Content is protected !!