斎藤佑樹は現在は何の会社してる?会社概要や場所と求人募集内容も!

斎藤佑樹選手は1988年群馬県太田市生まれで、2022年現在は34歳です。元プロ野球選手であり、引退後は起業し株式会社斎藤佑樹の代表取締役をしています。

高校3年生時は早稲田実業高校でエースとして甲子園大会に出場し、田中将大が所属する駒大苫小牧を下して優勝し、「ハンカチ王子」の愛称でも親しまれました。

今回は、そんな斎藤佑樹さんが現在何の会社をしているのか、会社概要や場所、求人募集内容について調査しましたので紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

斎藤佑樹の現在の仕事

斎藤佑樹さんは2021年10月にプロ野球選手を引退しましたが、その後同年12月に「株式会社斎藤佑樹」を設立し、代表取締役に就任しました。

プロ野球選手としては怪我にも悩まされ期待に対して不本意な形で引退となりましたが、引退後は、株式会社斎藤佑樹の代表取締役としてCM出演や野球解説、講演会、イベント、出資等様々な活動を行っています。

野球選手時代最後の年の年収は1,000万円台でしたが、現在はイベントやCMなどかなり仕事をしていますので5,000万円以上の収入はありそうですね。

スポンサーリンク

株式会社斎藤佑樹は何の会社?

株式会社斎藤佑樹はもともとは「ユウ企画(株)」という野球選手として知名度の高い斎藤佑樹さんの将来性を見込んで斎藤佑樹さんのマネジメントを行う会社として設立されました。

しかし、斎藤佑樹さんがプロ野球選手としてそれほど活躍することもなく、メディアへの出演も減少していったことからユウ企画の業務も減少していったようです。

しかし、斎藤佑樹さんがプロ野球選手を引退してから斎藤佑樹さんは、CM、テレビ、ラジオ、野球解説、写真展、講演会、イベント、出資など様々な活動をするようになっていますのでそれらの活動をマネジメントするようになっています。

スポンサーリンク

株式会社斎藤佑樹の会社概要(内容)と設立年月日

株式会社斎藤佑樹はもともとは父母が起業した「ユウ企画(株)」が元になっています。もともとは斎藤佑樹さんのマネジメントであり、斎藤佑樹さんが早稲田大学3年生の2010年2月に設立されました。

その後、斎藤佑樹さんがプロ野球選手を引退した2021年12月にユウ企画から「株式会社斎藤佑樹」に名称が変更されています。

スポンサーリンク

株式会社斎藤佑樹の会社の場所はどこか

株式会社斎藤佑樹は新たに設立されたものではありません。元々は、斎藤佑樹さんが早稲田大学3年生だった2010年2月に「ユウ企画(株)」として地元の群馬県太田市に設立された会社が株式会社斎藤佑樹の前身になります。

ユウ企画は主に斎藤佑樹さんのマネジメントを行っていました。母が代表で父が役員というファミリー企業だったのです。斎藤佑樹さんが2021年10月にプロ野球選手を引退表明した後、2021年12月1日付でユウ企画を「株式会社斎藤佑樹」に商号変更したのです。新会社では、父が代表に、母が役員になっています。

スポンサーリンク

株式会社斎藤佑樹の会社はどんな求人募集してる?

株式会社斎藤佑樹は求人募集をしているのか気になり調査しましたが、残念ながら現在のところ募集はないようでした。斎藤佑樹さんの公式ホームページやSNSを調べてみても求人については触れられていません

ただ、会社が目指すものとして「自分が野球人生で感じてきたことを野球の未来につなげていく。できることから少しずつでもアクションを起こす。」とありますから、もし、求人募集をするとしたらやはり野球に携わってきた人材がよさそうですね。野球場を作りたいそうなので建設関係の方もよさそうです。また、アクションを起こすというポジティブな姿勢を前面に出していますので、積極的で熱意のある人材が好まれそうですね。

error:Content is protected !!