星野源の両親はジャズ喫茶経営で実家は金持ち?顔画像や年齢・職業も

星野源 両親

今年2021年の5月19日、星野源さんは新垣結衣さんとの結婚を発表し、日本中が衝撃と祝福の声で駆けめぐりました。

今年で自身7回目の紅白歌合戦への出場が決まった星野源さん。

どうやらご両親はジャズ喫茶を経営していて実家がお金持ちだという噂があるようです。

という事で今回は、俳優やアーティストとしてマルチに活躍している星野源さんの両親のがジャズ喫茶をやっている?また実家がお金持ち?という噂を調べてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

星野源の家族構成!実は妹もいた?

まず、星野源さんの家族構成はどのようになっているか見ていきたいと思います。

  • 祖父
  • 母(ヨーコちゃん)
  • 星野源さん

家族構成はこのようになっています。

4人家族で星野源さんは一人っ子なんですね。

ちなみに星野さん、母親のことを「ヨーコちゃん」と呼んでいるらしいんです。

自分の母親を名前で、しかもちゃん付けで呼ぶってかなり珍しいし、なんだか可愛らしいですよね。

ただその理由を星野さんは番組で語っていたようなので、後ほど詳しくご紹介します。

そんなわけで星野源さんは、合わせて4人家族ということでした。

しかし、調べてみると本来は4人家族ではなかった可能性があるといいます。

どういうことなのか、次で見ていきましょう。

家族構成は5人のはずだった?

星野源さんは一人っ子を公表していますが、本来5人家族だったかもしれないといわれています。

ではもう一人は誰なのでしょうか?

どうやら妹さんのようです。

この噂が立ったのには理由がありました。

星野源さんのアルバム「ばかのうた」に「兄妹」という楽曲が収録されています。

この「兄妹」の歌詞から、星野源さんには生まれてくるはずだった妹さんがいて、何らかの理由で亡くなってしまったのではないか?という噂が広まりました。

確かに歌詞を見てみると、「早く逢いたい」や「海の中で眠るあの子」、「生まれてないし居場所がないの」という部分があり、想像で書いたとは思えないような言葉がたくさんあるんです。

「生まれてない」とはっきり書かれています。

これは、星野さんやご家族の実体験なのではないでしょうか。

星野源の「兄妹」歌詞の意味は?

「兄妹」をもう少し深く調べていくと、どうやら星野源さんがこの楽曲について直接触れているようです。

「あの、生まれなかった兄妹がいるんですけど、妹が。なんとなくそんなことを思って作りました」(“兄妹”)「前にお墓参りにいったとき、なんかすごい楽しくって。すごくキレイな場所で、外国人がジョギングとかしてて。そんな曲です」

引用:https://rockinon.com/live/detail/64343

「rockin’on.com」の中野サンプラザで行われた時のライブレポートです。

本当は生まれてくるはずだった妹が星野さんにはいて、しかしながらこの世で生きることができなかった、天国にいる妹を想い作った曲だったんですね。

ただ印象的なのは、お墓参りのとき、楽しい気分になったというところではないでしょうか。

そこは綺麗な場所で、ジョギングするのに気持ちいところのようです。

なぜ楽しい気分になったのかは話していませんでしたが、確かにこの「兄妹」という楽曲、歌詞の雰囲気とは正反対にポップで明るい雰囲気なんです。

ストリーミング等で配信されているので、ぜひ聞いてみてください。

スポンサーリンク

星野源の両親はジャズ喫茶経営で実家は金持ち?

星野源さんの両親はジャズ喫茶を経営している、という情報がありますが本当なのでしょうか。

また、噂によるとご実家がお金持ちなんだそう。

もちろん、星野源さんは俳優やアーティスト等でかなり活躍されているので、彼一人の稼ぎで家族全員を金銭的に支えることができるのは想像に難くありません。

しかし、両親もご実家でお店を経営しなおかつお金持ちというのが本当なら、星野家の世帯収入は想像できないほどにあるということになります。

少し話が逸れましたが、ご実家がジャズ喫茶を経営しているという噂は本当なのか、調べてみました。

実家は埼玉県の八百屋

調べてみるとなんと、星野さんの実家は元々八百屋さんだったようです。

おじいちゃんの代から営んでいたみたいですね。

八百屋を継いだのは星野源さんのお父さんのようですが、おじいちゃんが亡くなったタイミングでお店を畳んだといいます。

2005年4月にジャズ喫茶を開店

おじいちゃんが亡くなって八百屋を畳んだ後、2005年の4月4日に、自宅の1階を喫茶店を開いたといいます。

実家は元々ジャズ喫茶ではなく、八百屋だったんですね。

このジャズ喫茶は「Signal」という名前で、埼玉県蕨市にあったようです。

ここにジャズ喫茶があったということは、ご実家も同じく蕨市ということになりますね。

ただ私は今、「あった」という表現をしました。

ということは、残念ながらこの「Signal」というジャズ喫茶はもう存在していません。

この張り紙は、2016年に入口に張られていたものです。

10月22日に閉店してしまったようですね。

理由としては、ファンが殺到してしまったこと。

星野源さんは、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で一気にブレイクした際、ファンの間でこのジャズ喫茶が星野さんのご実家ということで、聖地巡礼の地になってしまったといいます。

そしてここを訪れた一部のファンのマナーが悪く、閉店を余儀なくされたようなんです。

建物自体がすでに売却されているみたいですね。

ということは、ジャズ喫茶は実家で営んでいたので、星野源さんのご実家も引っ越しているということになります。

一部のファンが原因でこのようになってしまったのは本当に残念ですよね。

行きつけの常連客も多かったようで、このジャズ喫茶が閉店して寂しい思いをした人がどれほどいたんでしょうか。

ちなみに、この写真が、開いていたころのジャズ喫茶の店内です。

お洒落な照明でとても落ち着いた雰囲気ですね。

レコード類は非常に多くあり、スピーカーの音質もとても良かったそう。

細かいところまでこだわって作られたお店だったんだなというのがよく伝わってきます。

スポンサーリンク

星野源の両親の年齢や職業【顔画像】

ここでは、星野源さんの父と母についてまとめています。

このようなスターを生み出したご両親がどんな人なのか気になりますよね。

調べてみると、星野さんのお父さんもお母さんもどうやら芸術的なセンスが光る方なんだそう。

どのようなお仕事をされているのでしょうか?

その他、彼の両親にまつわるエピソードもご紹介していきます!

父親の年齢や職業・エピソード

星野源さんのお父さんは、以前実家でジャズ喫茶を経営していた、というのは上でお伝えした通りです。

店内の写真を見ただけでもかなりこだわりを感じましたが、彼のお父さんはピアノでジャズを趣味で弾いていたとも言われています。

星野源さんが幼い頃から家にジャズレコード類が沢山あり、プロのジャズピアニストも夢見ていたほど父親のジャズに対する好きの度合いが本当にすごかったんですね。

元々、星野さんの実家はおじいちゃんが始めた八百屋さんで、それをお父さんが継いだという流れ。

そして、おじいちゃんが亡くなった後に八百屋を畳み、ジャズ喫茶を始めたということなので、前からジャズ喫茶を開くというのも星野さんの父の夢のひとつだったのかもしれませんね。

したがって、彼のお父さんの職業はジャズ喫茶店の経営です。(現在は閉店)

年齢についても調べてみましたが、どうやら情報はありませんでした。

星野源さんは現在40歳なので、お父さんの年齢は70代といったところでしょうか。

そうなると、今は別のお仕事をしている可能性は低いと考えられます。

今後の人生について「ゆっくりしたい」と語っているらしく、ジャズ喫茶を畳んだ後はゆっくりと過ごしていたいのかもしれませんね。

ちなみに、父親の画像はこちら

ひげを蓄えていてカッコいいですね!

これは完全に後出しじゃんけんですが、言われてみるとすごくジャズが好きそうな顔をしています。

母親の年齢や職業・エピソード

星野源さんの母親は、ジャズの歌手でプロになることを目指していたそうです。

父親と同じく、ジャズが好きだったんですね。

もしかすると、ご両親が結婚したキッカケもジャズだったのかもしれません。

同じ趣味どうして、なおかつジャズというお洒落なものが2人を繋いだのかな?と想像すると、とても素敵ですよね!

実際は、星野さんのお母さんもジャズ喫茶で働いていて、お父さんの手伝いをしていたといいます。

年齢については、こちらも詳しい情報は出てきませんでしたが、その代わり、母親の名前は分かっているようです。

星野さんのお母さんの名前はズバリ、「星野ようこ」さん。

感じまでは出てきませんでしたが、名前のエピソードについて、星野さん本人がテレビ番組「A-studio(TBS系)」で実際に語っています。

ヨーコちゃんって呼んでます。お母さんって呼んだら、私はお母さんじゃない!って怒鳴られて、(たぶん自分が)学校でどんどん暗くなってるみたいなのを感じ取って、面白くしようと思っていたらしいです。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/10736989/

星野源さん、高校生の時はなんと引きこもりだったのだといいます。

それを心配した母は、星野さんに明るくなるきっかけや刺激を与えて、前に進ませようとしていたのでしょう。

ただそれにしても、そのやり方が「自分をヨーコちゃんと呼ばせる」って、アプローチのクセが強いですね。

他にも、星野さんが幼かった頃に、外の「たけや〜、さおだけ〜」という声を聞いた母は、自分のことを「たけやさおだけ星」の王であると言い、そのまま家を出て行ってしまうという異次元の行動を繰り広げていたといいます。

その後、号泣する星野源さんの元へ、レジ袋を持って帰ってきたそう。

ただスーパーに買い物しに行っただけのようですね。

彼が幼いころから、こんなエピソードが山ほどあるらしく、ジャズ好きで職人気質なお父さんと、常に時空を越えた行動をする、ぶっ飛んだお母さんの影響を受けて、今の「星野源」という人間が形成されているのは間違いありません。

そう考えると、こんなスーパースターを育て上げたご両親も、星野さんに負けないくらいのカリスマ性を持っていたのでしょう。

スポンサーリンク

星野源の親戚は株式会社星野佳設?

ある人物のTwitterに、こんなつぶやきがありました。

結論から言うと、信ぴょう性はかなり低いと考えられます。

まず、このツイートをした常見陽平という人物は大学の准教授をしているようで、さらに認証マークもあります。

しかしながら、認証マークがあるからといって、その情報が100%正しいとは限りませんよね。(万物のメディアにおいて言えることですが)

このツイートは2021年12月29日現在、1件のいいねのみで、あまり信頼されていない情報のようです。

写真に写っている「星野佳設」というワードを検索しても、情報は1件もヒットしなかったのです。

本当にこの「星野佳設」が星野さんの親戚が経営している会社で、まだ認知されていたい可能性も全くないとは言い切れませんが、現時点で調べた結果、この情報は信ぴょう性が低い情報であるということです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「星野源の両親はジャズ喫茶経営で実家は金持ち?顔画像や年齢・職業も」についてご紹介しました。

元々実家は八百屋さんだったんですね。

星野源さんの父はジャズピアニストを、母はジャズの歌手をそれぞれ目指していたようですが、彼の誕生をきっかけにおじいちゃんが創業していた八百屋を継ぐ形になりました。

おじいちゃんが亡くなったタイミングで八百屋は畳むことになりましたが、その後は実家でジャズ喫茶をオープンし、星野さんの両親は別の形でジャズに触れながらお仕事をしていたんですね。

今年、新垣結衣さんとの結婚を発表し、大みそかの紅白歌合戦にも出場が決まっている星野源さん。

乗りに乗ったスターの今後の活躍も目を離せませんね!

ということで、今回は星野源さんの実家のジャズ喫茶について、またご両親や親戚はお金持ち?についてまとめました。

ミュージシャン・歌手
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オモシロゴト
error:Content is protected !!