【顔画像】YOAKE(歌手)の年齢本名や何者?wiki経歴プロフィールも

YOAKE(歌手)の顔画像は?年齢や本名も不明で何者なの?と話題になっていますね。

wikiや経歴など詳しいプロフィールも不透明な状況になっているYOAKEではありますが、ネット上では根強い人気を誇っていて、注目度も日に日に上がっていますので、ここでYOAKEに関する情報をまとめていきましょう。

スポンサーリンク

YOAKE(歌手)って誰で何者?人気の理由

YOAKE(歌手)って誰?何者?とネット上で話題になっていますけど、人気の理由は何なのでしょう?

①1曲ごとに曲調やボーカルが変更されている
②SNS全盛の時代に主な情報発信の場がTwitterだけ
③MVに有名人を起用
④メディア露出がほとんどない

理由①1曲ごとに曲調やボーカルが変更されている

2023年1月時点でYOAKE名義の楽曲は計14曲存在しているのですが、いずれも曲調が異なるだけでなく、ボーカルの声がすべて変更されていて、「誰が歌ってるの?」と毎度話題になっています。

1曲ごとにボーカルを変えている点で、ソロのアーティストなのか、複数人のグループやチームなのか、超有名なアーティストが姿を隠しているだけなのか、など様々な憶測を呼ぶ理由になっているようですね。

理由②SNS全盛の時代に主な情報発信の場がTwitterだけ

SNSでの情報発信がアーティスト活動の運命を左右しかねない状況になっている中、YOAKEはTwitterが主な情報発信の場になっていて、Youtubeなど他のSNSは事務所管理のチャンネルで情報を出す、という形を貫いているところも好感が持てる理由なのでしょう。

理由③MVに有名人を起用

Youtubeで約300万回の再生回数を誇る「なぁ」のMVに人気グラビアアイドル・今野杏南さんを抜てきするなど、有名人をMVに起用し、話題性の高さをキープしている点も人気を集めている要因でしょうね。

理由④メディア露出がほとんどない

YOAKEが人気になる最大の理由はメディア露出がほとんどない点で、宣伝目的でテレビ番組に出るのではなく、ネットでの情報発信だけで成り上がっていく過程が好印象を与えているのでは?と予想しています。

スポンサーリンク

【顔画像】YOAKE(歌手)のwikiプロフィール

YOAKE(歌手)のwikiプロフィールをまとめます。

「ねぇ」がYoutubeやTikTokで高評価

・活動開始は2020年12月
・本田翼を起用した13thシングル「ねぇ」のMVがYoutubeで770万再生を突破
・高校生TikTokerが「ねぇ」のダンス動画でバズり、YOAKEへの関心が高まる
・2022年9月からは夜をイメージする楽曲を生み出す”YOFUKE”プロジェクトがスタート

2020年12月から本格的にアーティスト活動を始めているYOAKEですけど、2022年4月29日にリリースした13thシングル「ねぇ」のMVに本田翼さんを起用したことでYoutube動画が770万回超の再生回数を記録し、一気に注目度が跳ね上がります。

人気に火をつけたのが高校生のTikTokerが「ねぇ」を取り上げ、楽曲に合わせる形のダンス動画がTikTokでバズった点で、YOAKEは若者を中心に確固たる支持を獲得しました。

2022年9月には夜をイメージする楽曲に特化した”YOFUKE”プロジェクトという新企画がスタートしていて、活躍の場をどんどん広げようとしています。

顔画像をTwitterで発見

YOAKEの素顔は明らかになっていませんけど、公式Twitterでは白い帽子を被り、白いレースが顔にかかっている状況の顔画像が何枚も投稿されています。

上のツイート画像で確認できるように、手がけっこう大きく見えますので、YOAKEとして登場する顔画像の人物は男性なのでは?と予想する声も多数出ているようですね。

スポンサーリンク

YOAKE(歌手)の年齢や本名

YOAKE(歌手)の年齢や本名に関する情報を調査してみましたが、2020年12月にアーティストデビューするまでの話題が一切分かっていない状況で、年齢と本名も不明となっていました。

公式Twitterに投稿されている顔画像を見てみても、年齢は想像もつかないですし、生年月日や出身地すら分からない中で本名を特定させるのも至難の業ですよね。

ただ、2022年からどんどん知名度を上げていき、2023年1月16日のTBS系列「CDTVライブ!ライブ!」に出演するなど、メディア出演の機会が多くなっていきそうですから、近いうちに年齢・本名につながるヒントがあぶり出される可能性も十分あるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

YOAKE(歌手)の経歴

YOAKE(歌手)の経歴をご覧いただきます。

・Twitterの投稿開始(2021年1月)
・1stシングル「Sunny」をリリース(2021年2月8日)
・優里が謎めいた楽曲「ふぁなれない」をYoutubeチャンネルで紹介(2021年4月)
・13thシングル「ねぇ」がTikTokで話題になり、「#ねぇチャレンジ」が流行(2022年)
・「CDTVライブ!ライブ!」に初登場(2023年1月16日)

2020年12月のアーティストデビューから約1ヶ月後の2021年1月から公式Twitterを開設しているYOAKEは、2021年2月8日にリリースしたデビューシングル「Sunny」を皮切りに、どんどん新曲を発表していきます。

アーティスト兼Youtuberとして大活躍中の優里さんが自身のYoutubeチャンネルにてYOAKEの楽曲「ふぁなれない」を取り上げ、動画化したことが知名度急上昇のきっかけになったYOAKE。

優里さんに「思わず歌いたくなった楽曲」としてピックアップされた影響で一気にバズっていったYOAKEはネクストブレイク確実なアーティストとなり、知る人ぞ知る存在にまで成り上がったのです。

スポンサーリンク

まとめ

YOAKE(歌手)の年齢や本名、顔画像は不明で何者?という疑問を解決できない状況ですけど、Twitterの投稿画像を見る限り、手が大きいので、男性の可能性が高いと思います。

wiki経歴プロフィールをまとめたほか、「1曲ごとにボーカル変更」「情報発信の場が主にTwitter」「本田翼さんや今野杏南さんなど有名人をMVに起用」「メディア露出がほとんどない」が人気を集める理由になっているようですね。

ミュージシャン・歌手
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オモシロゴト
error:Content is protected !!