【世界一受けたい授業】レシピ・スーパーの肉を絶品ステーキの作り方

スポンサーリンク
世界一受けたい授業

2020年3月14日(土)の「世界一受けたい授業」でスーパーのお肉が絶品のステーキになる裏技レシピが公開されます!

名店のシェフが伝授するので間違いありませんね。

世界一受けたい授業のスーパーのお肉を家庭で再現できて美味しいステーキに仕上げるレシピや作り方についてご紹介します。

※番組が放送され次第更新していきます。

スポンサーリンク

【世界一受けたい授業】レシピ・スーパーの肉を絶品ステーキにする作り方

名店のシェフ「マルティグラ」のオーナーシェフ和知徹(わちとおる)さんが登場。

スーパーのお肉でもお店のような絶品ステーキにするレシピや作り方をご3つ紹介します。

【世界一受けたい授業】レシピ:「サーロインステーキ」の作り方

まずは、和知徹さんが教えるサーロインステーキのレシピからです。

材料

●アメリカンビーフ(プライムビーフ)厚さ2cm
●塩(適量)
●サラダ油(適量)

<ソース>
●にんにく
●しょうゆ
●白ワイン
●片栗粉

ステーキの作り方

①冷蔵庫からお肉を取り出し、常温にしておく。

②脂身との境目の節を切る(噛みやすく美味しく食べれる)

③塩を3本の指で高さ30cm上から振ると味にムラがなくなる。

ポイント:塩を使う直前に2~3分フライパンで乾煎り(からいり)するとサラサラになって肉にまぶしやすくなる。均一になると味がブレずに美味しくなる。

④コショウもお肉の両面に振る。

⑤フライパンにサラダ油を入れる

⑥白い脂身が付いてるものは、二つ折りにして1分ほど中火で最初に焼く。

⑦脂身に色がついたら、片面を3分焼く

⑧側面が全体的に白っぽくなったら、ひっくり返す。

ポイント:白くなったら一旦お肉をお皿などに引き上げ、油を1回替える。
汚れて脂が酸化するので、替えると良い風味で焼き上がるため。
⑨代わりにバターを入れ中火で焼く。(中に火を通していく作業)
⑩スプーンで空気を含ませてお肉に掛け続けることでバターをムース状に。
⑪串を刺して血が出てこなければ焼き上がり。
ポイント:焼いた時間と同じ時間、サラの上でお肉を休ませる。

ソースの作り方

①お肉を焼いたフライパンに刻んだニンニクを入れる。

②少し焦がしたらしょうゆ・白ワインを入れ沸騰させる。

③最後に水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。

【世界一受けたい授業】レシピ:「ポークソテー」の作り方

次は、豚肉を使った超やわらかなポークソテーのレシピです。

材料

●豚ロース(岩手県の岩中豚がおすすめ)
●にんにく
●しょうが
●たまねぎ
●梅酒
●しょうゆ

<ソース>
●梅酒
●片栗粉

ポークソテーの作り方

①厚さ約1.5cmの豚肉を室温に戻しておく。

ポイント:豚肉を事前に梅酒に30分漬けておくと肉が柔らかくなりうまみが増す。甘みがあってコクも出て美味しくなる。

②大きなボールの中に、豚肉ロースに刻んだニンニク、ショウガ、しょうゆ(大さじ1)、梅酒(大さじ2)を入れ混ぜて揉み込み30分漬け込む。

③サラダ油を引き、漬け込んだタレとボールの中の具材をフライパンで焼く。

ポイント:焼き色がつくまでは触らないこと。(同じ火加減をキープするため。)いじってしまうと温度が下がったり、ムラになる。

④色がついたらひっくり返す。

⑤肉に串を刺し赤い汁が出なくなったら焼き上がり。

ソースの作り方

①肉を取り出したフライパンに梅酒を入れる。

②水溶き片栗粉を入れてソースの出来上がり。

【世界一受けたい授業】レシピ:「鶏むね肉のクリーム煮」の作り方

最後は、鶏むね肉のクリーム煮のレシピです。

材料

●鶏むね肉
●塩
●黒コショウ
●小麦粉

<ソース>
●バター
●マッシュルーム
●生クリーム
●マスタード

ポークソテーの作り方

①室温に戻したむね肉に塩と黒コショウをふり、小麦粉にまぶす。

②熱したサラダ油に入れ、中火で焼き固める。(表面を焼いてから煮込むとおいしくなる。)

③肉を取り出し、焼き油を捨てる。

④バターを入れて厚めにスライスしたマッシュルームを入れ、生クリームを入れる。

⑤沸騰してきたら肉をフライパンに戻し、スプーンで生クリームをかける。
(肉の厚い部分にソースを繰り返し掛ける)

⑥生クリームが半分ぐらいになったら火を止める。

⑦マスタード(フランスのマスタード、ツーンとこないもの)を入れ、5分ぐらい寝かせて完成。

【世界一受けたい授業】レシピ・スーパーの肉を絶品ステーキの作り方:まとめ

今回は「【世界一受けたい授業】レシピ・スーパーの肉を絶品ステーキの作り方」についてご紹介しました。

名店のステーキを食べたいと思っても、毎回レストランに行くとお値段もなかなかします。

自宅でも簡単にできる方法だったので、いつでも試しやすいレシピでしたね。

タイトルとURLをコピーしました