ロバートの天気予報TNCのネタは偉大なミュージシャンの曲だった!

テレビ

今や全国区になって知らない人はほとんどいないというほど人気のお笑いトリオのロバート。

ロバート天気予報(TNC)の音楽ネタが面白いといろんなテレビで見る機会が増えました。

そこで今回は、ロバートの天気予報の音楽を作ったミュージシャンが最近分かったのでご紹介しちゃいます!!

福岡県民なら誰でも小さい頃から聞いたことがある、おなじみの曲過ぎて誰が作ったかなんて気にすることはありませんでした(^^;

スポンサーリンク

ロバートの天気予報(TNCテレビ西日本)のネタからまず確認

ロバートの天気予報のお笑いネタを知らない人は、まず動画で確認してみてください!

やっぱ何回見ても笑える。。。

ロバートのものまねの後に、本物のTNCの今日の天気予報の映像が流れるのでそれも見てくださいね!

主に秋山と馬場ちゃんのみで、ひろしは何も役なしの見守り係(笑)

結構このネタやってますよね。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

本当に自分が小さい頃からTNCの放送局で流れてます。

30年以上は絶対流れてる!

スポンサーリンク

ロバートの天気予報(TNCテレビ西日本)を作曲したミュージシャンとは?

聞いた時にほんとビックリしました!!

何で今まで話題にならなかったのか不思議でなりませんねぇ。

ミュージシャン本人が伏せていたんでしょうか?

 

そのミュージシャンは、、、、

 

 

なんと、、、、

 

 

 

 

 

 

小室哲哉さんです!!!!!!

曲名もあって「FANTASTIC VISION(ファンタスティックビジョン)」という何てしゃれおつな名前・・・・(笑)

小室さんが昔所属していたTM NETWOKが1984年に制作。

1985年に3rdシングルとして発売された「アクシデント」(リリース日:1985年5月22日)のカップリング曲として収録されています。

  • A面 – アクシデント (ACCIDENT)
  • B面 – FANTASTIC VISION

2019年9月17日に放送された「バカリズム&小峠の僕らも福岡芸人だ!」の中で暴露されましたね!

まだ無名だったTM NETWORKの小室哲哉さんが作詞・作曲。

テレビ西日本(TNC)がキャンペーン曲として使用し、その後にTM NETWORKがブレーク。

評判が上がったことからしばらくこの曲がTNCの天気予報の曲として流れることになりました。

30年経った今でも福岡では放送されていて、ロバートがネタとして使ってから福岡県民以外にも知れ渡りましたね!

Twitterでの反応は?

https://twitter.com/mihato10fan/status/1173972645043326976

https://twitter.com/sug_39_mayuimo/status/1173924821291323392

知った時、私もテレビを見ていて「まじでぇ~~~」と口に出してしまうほどで(^^;

こちらはTM NETWOKが実際に歌っている「FANTASTIC VISION(ファンタスティックビジョン)」(歌・あり)

TM NETWORK FANTASTIC VISION (DEMO)

当時は最先端過ぎて「どうなの?」と思ってた人もいるかも、。

今聞いても何か他の人が作れなさそうな曲!

番組の中で、バカリズムさんが「この曲欲しいのよ~~今日一でテンションがピーク!!」と昔から欲しかったようですね(笑)

他にもいろいろ福岡の美味しい食べ物や楽しいスポットをロケしていたはずですが(^^;

FANTASTIC VISION(小室哲哉 作曲)の歌詞はこちら

引用元:Uta-Net

うん、小室哲哉さんっぽい!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「ロバートの天気予報TNCのネタは偉大なミュージシャンの曲だった!」についてご紹介しました。

TM NETWORK時代に作成された曲で、あの偉大なミュージシャンの小室哲哉さんの曲だったなんて!歌詞があることにも驚き!

現代版の良い音源でリメイクして欲しいんだけどなぁ~。

未来に希望を持てるようなメロディーラインで、今聞いてもいいかも^^

タイトルとURLをコピーしました