ラクトンc10を食べ物で増やすには?どんな効果効能が期待できる?

スポンサーリンク
食べ物

ラクトンC10が有名になったのは、「DEOCO(デオコ)」という、女性の加齢臭対策として発売されたボディーソープが「おじさんたち」の間で「女子高生のような若い女性の香りがする」と爆発的なヒットとなったのがきっかけ。

甘い香りがする原因は「ラクトンC10」という物質が関わっていることを大手製薬会社が突きとめています。

ボディーソープは外側からのケアになるので、もっと内側の体内から日常的に「ラクトンC10を増やせればいいのに」と思ってしまいますよね。

そこで今回は

・ラクトンc10を食べ物で増やすにはどうしたらいいか?
・ラクトンc10を体内に増やすとどんな効果効能が期待されるのか?

ということについてご紹介します。

スポンサーリンク

ラクトンを食べ物で増やす食材は何?

ラクトンC10の香りを例えると、ピーチのような香りです。ラクトンC11という成分もあり、こちらはココナッツのような香り。

ラクトンを含む多くの食べ物は、いい匂いを放っていることも特徴です。

【ラクトンを含む食べ物】
あんず
ももなどの果物
バターなどの乳製品
ジャスミンなどの花

引用元:日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典

など、天然に存在しています。

売られているももなどでも、中身を割らなくても外側から匂ってもいいにおいがしますよね^^

あんずやももは、日常的にあまり食べることのない食べ物なので、ラクトンを体内に取り入れたい場合は、時々食べてみるのもいいかもしれませんね!

逆にバターなどの乳製品は、手軽に買えるし日常的に摂取しやすい食べ物です。

乳製品の食べ物はこんなにもありますよ。

・牛乳
・ヨーグルト
・チーズ
・アイスクリーム
・バター
・プリン
・乳酸菌飲料

こう見ると、小さい頃はよく食べていた食べ物のような…(^^;

大人になるとアイスクリームやプリンなど食べる機会が少なくなる=ラクトンを補填していない?ということに繋がっているのかもですね。

あまり食べ過ぎるとカロリーや糖質も気になるので、時々自分へのご褒美として食べるのも、ラクトンを増やすことにつながるきっかけになりそうです。

私もラクトンのことを知る前、健康のためにと意外と糖質が少ないバターやヨーグルトなどを摂取するようになって、以前の汗臭が弱くなった気がします!

どんな効果効能が期待できる?

こちらは製薬会社が実際に出しているコメントです。

女性には「若い頃特有の甘いニオイ」が存在し、それは年齢とともに減少し、曲り角は35歳付近にあること、その正体は「ラクトンC10/ラクトンC11」という成分であることを見出しました。また、「ラクトンC10/ラクトンC11」は30代以降の女性で減少すること、さらに見た目の印象に対して良い影響を与える可能性があることを示しました。

引用元:https://www.rohto.co.jp/news/release/2018/0214_01/

では、ラクトンを体内に増やすとどんな効果や効能があるんでしょうか?

若い女性特有の甘い香りの正体は?

女性の体臭を調べ「ラクトンC10・ラクトンC11」は10~20代女性特有の体臭成分であることが判明。

30~40代女性にはない香りだということは、男女問わず何となく感じてるのではないでしょうか?

若い女性特有の甘い香りは加齢で失われる

製薬会社の研究で、女性特有の甘い香り「SWEET臭」は、10代・20代と比較して30代以降でその香りが減少することが分かっています。

調査員の嗅覚と科学的な分析でこのような結果が出ているんですね。

もっと掘り下げると、35歳を目安ににおいの曲がり角があることも判明しています。

SWEET臭が減るのと同じくして、脂肪酸臭やアンモニア臭など人が不快に感じるにおいが増えることで加齢臭がより際立ってしまうんです。

若い女性特有の甘い匂いがするとどんなメリットがあるか

ラクトンC10・ラクトンC11を他の臭いの種類も嗅いでもらった上で印象を調査すると、「女性らしさ」「若々しさ」「魅力度」に対して結果がよかったとのアンケートも。

想像してみれば分かりますが、臭いにおいの人よりもものようなにおいがする人の方が印象はいいですよね^^

いい匂いがすれば、「良さそう・魅力がある・好印象」という良い感情を抱きやすいですから。

さらに見た目の印象に対して良い影響を与える可能性があることを示しました。

香水をつけるのは苦手だけど、食べ物を摂取して体内から匂ってくるような、デオコのようにボディーソープのケアで良い匂いを体にまとう作戦で行きましょう!(笑)

デオコの記事はこちらです↓

デオコは効果ない?おじさんの口コミで人気で売り切れ続出の理由は?
今年の夏は「デオコ おじさん」というワードが流行りましたね。 売り切れ店も続出するほどの人気で、女性以外の特におじ...

まとめ

今回は、「ラクトンc10を食べ物で増やすには?どんな効果効能が期待できる?」についてご紹介しました。

ラクトンを多く含む食べ物である乳製品をどれぐらい摂取すればいいか?という具体的な数値は出ていません。

ですが、私自身ダイエットや体調不良改善がきっかけで食べ始めたことが「あれ?以前より汗臭が臭くないかも」と感じたのは乳製品を多く摂ってラクトンが増えたことによるおかげだったかも!と思いました。

35歳を過ぎると、若い女性特有の甘い香りが加齢で失われていくので、外側から内側からもケアすることで女度・モテ度もアップするかもしれませんね^^

タイトルとURLをコピーしました