大石達也が結婚した嫁は沖縄出身で馴れ初めから子供はいる?元カノはチョビでほしのあき似

大石達也選手は1988年福岡県太宰府市出身で、2022年現在34歳のプロ野球選手です。福岡大学附属大濠高等学校卒業後、早稲田大学に進学し、投手として2010年のドラフト会議で1巡目指名で西武ライオンズへ入団しました。

大石選手は右投げ左打ちで、契約金1億円、年俸1,500万円(推定)という好条件で西武に入団しますが、2019年シーズンに一軍公式戦2試合に登板したのみで、レギュラーシーズン終了後、球団から戦力外通告を受けたことを機に、現役引退を明言します。

今回は、そんな大石達也選手の結婚した嫁についてや馴れ初め、子供がいるのか、元カノはチョビでほしのあき似かどうかについて調査したので紹介します。

スポンサーリンク

大石達也の結婚した嫁は沖縄出身!

大石達也選手はプロ野球選手として8年目を迎えた2018年、29歳の時に沖縄県出身で当時30歳であった一般人女性と結婚します。

交際期間は約1年半と短めでしたが、奥さんは炭水化物の摂取を控え、減量に取り組んでいた大石選手を高タンパク質の食材を使った手料理でサポートしていました。大石選手は「ハンバーグがおいしい」とのろけ話をしてくれています。

スポンサーリンク

大石達也と嫁の馴れ初め

大石達也選手が結婚した奥さんとの馴れ初めについて調査しましたが、詳細は公表されていませんでした。2018年1月8日の新年に結婚した大石選手は、奥さんとの交際期間が1年半ということですから、2016年シーズンの真っただ中に出会った可能性が高いですね。

大石選手の成績を見てみると、2015年シーズンは投球回数はわずか3回と不本意なシーズンに終わっていますが、翌年の2016年シーズンは31回投球し、1勝をあげています。このことから大石選手は奥さんとの出会いによって投手としての復調の兆しがつかめていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

大石達也に子供はいる?

大石達也選手は2018年1月に結婚していますが、2022年現在子供がいるという情報は公表されていません。2019年シーズンをもって現役引退後は、MLBのニューヨークメッツで研修し、西武のファーム育成グループの中で三軍育成を担当後、2020年から2軍投手コーチに就任しています。

通常1軍登録の選手やコーチ陣であれば何らかの形で公表されたりしますが、2軍コーチですとSNSなどでも公表されないのかもしれませんね。選手時代には子煩悩な姿も見せていますので、何らかの理由で子供ができていないか、できていても公表していない可能性もあります。

スポンサーリンク

大石達也の元カノはチョビでほしのあき似

大石達也選手は2018年に結婚しているのですが、結婚の際には元カノについても関心が高まりました。それは早稲田大学時代に交際していた彼女で愛称が「チョビ」さんと言われていたそうです。

噂では「チョビ」さんは、芸能人のほしのあきさんに似ている
といるそうで、早稲田大学女子軟式野球部「WASEBI」に所属し、野球選手としても活躍していました。

「チョビ」さんは教員志望で、プロ野球選手狙いだったそうなので、大石達也選手とお別れしたのは残念でしたね。

スポンサーリンク

まとめ

大石達也選手は2018年1月8日に沖縄県出身の一般女性と結婚しました。奥さんとは約1年半の交際をしたそうですが、馴れ初めなど詳しいことは公表されていません

また2022年現在、大石選手にお子さんがいるという情報は公表されていませんので、お子さんがいない可能性が高いです。

大石選手が結婚の際には、早稲田大学時代の元カノ「チョビ」さんについて話題になりましたが、「チョビ」さんは、ほしのあき似で早稲田大学女子軟式野球部に野球選手として所属していました。

error:Content is protected !!