【ながら運転厳罰化】反則金や違反点数はどうなるの?ケース事例は?

日常

ながら運転の厳罰化が2019年12月1日から施行されました。

この改正道交法は、スマホを操作しながら運転した車による死亡事故が相次いだことから、遺族らが厳罰化を訴えていました。

そこで、ながら運転の厳罰化にあたって反則金や違反点数はどうなるのかについて状況ごとを例にしてご紹介します。

スポンサーリンク

【ながら運転厳罰化】は一発で免許停止になることも

ながら運転の厳罰化が本格的に施行されることになりました。

スマートフォンなどを使用しながら車を走行させる「ながら運転」について、違反点数と反則金を引き上げ、懲役刑も重くするなど厳罰化した改正道交法が1日、施行された。

車の運転中にスマホやカーナビなど扱ってしまったことがある方もたくさんいると思います。

厳罰化に伴って一発で免許停止になることもあるほど取り締まりも厳しくなりました。

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201707/2.html

ながら運転で事故を起こした場合は、違反点数が6点で免許停止

前歴なし(過去に違反歴がない)の人でも、ながら運転で事故を起こした場合は、以前は2点でしたが、違反点数が6点となり一発で免許停止となります。

しかも、刑事罰(懲役刑または罰金刑)の対象になってしまうんです。

事故を起こすなど交通の危険を生じさせた場合(交通の危険)

●反則金:罰則が適用
●罰則:1年以下の懲役または30万円以下
●違反点数:6点
スポンサーリンク

【ながら運転厳罰化】携帯やスマホで通話や画面を注視したら?(保持)

スマホを持って通話をするのはもってのほかですが、画面を注視するだけでも違反となります。

●反則金:18,000円(普通車)
●罰則:6月以下の懲役又は10万円以下
●違反点数:3点

罪に問われるかどうか?の基準は注視するかどうか。

注視の言葉の意味はこちら↓

注視:じっと見つめる事。注目している。

スマホやカーナビなど注視していると、車外がほぼ見えなくなる状態です。

スポンサーリンク

【ながら運転厳罰化】には「保持」と「交通の危険」の2つがポイント

厳罰化のポイントは大きく分けて2つがポイントとなります。

「保持」:携帯電話を保持して通話したり画像注視したりした場合
「交通の危険」:携帯電話の使用により事故を起こすなど交通の危険を生じさせた場合

違反点数・反則金・罰則の改善前と改定後

違反点数
改正前 改正後
保持 1点 3点
交通の危険 2点 6点

 

反則金
改正前 改正後
保持 原付 5,000円 12,000円
二輪車 6,000円 15,000円
普通車 6,000円 18,000円
大型車 7,000円 25,000円
交通の危険 原付 6,000円 反則金の対象外
二輪車 7,000円
普通車 9,000円
大型車 12,000円

 

罰則
改正前 改正後
保持 5万円以下の罰金 6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金
交通の危険 3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金 1年以下の懲役または30万円以下の罰金

引用元:やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用(警視庁)

スポンサーリンク

【ながら運転厳罰化】カーナビの操作は罪にとわれない?

カーナビは目的地に行くためには欠かせないツールですよね。

実はカーナビも、「注視」することで違反となります。

2秒以上見ながら運転するともうアウトです。

画像注視にあたるのでこちらの罰則↓

●反則金:18,000円(普通車)
●罰則:6月以下の懲役又は10万円以下
●違反点数:3点

うっかりスマホを触ってしまいそうな人は、画像は見ず音声案内だけを耳で聞くのが良いかもしれません。

ただし、赤信号などの停止中に操作をするのはOKです。

青信号になったら一切触ったり、画面を注視してはいけません。

スポンサーリンク

【ながら運転厳罰化】信号待ちでのスマホ・カーナビの操作は?

先程もお伝えしたように、赤信号で停車している時であればスマホやカーナビを操作しても罪にはとわれません。

スポンサーリンク

【ながら運転厳罰化】渋滞中でのスマホ・カーナビの操作は?

変わって渋滞中にのろのろ運転の時に、スマホやカーナビの操作は大丈夫なの?と疑問に思った方も多いのではないでしょうか?

渋滞中のスマホ操作はNG
前方の安全確認が疎かになったり、ハンドル操作を妨げる場合に取り締まりの対象となります。
スポンサーリンク

【ながら運転厳罰化】食事をしながらの運転は?

食事のしながらの運転は、片手の場合はOK。両手の場合はNGです。

例えば、「左手にマックポテトを持ってハンドル操作しながら、右手でポテトを取って食べる」行為は両手を使っているので取り締まりの対象となります。

スポンサーリンク

【ながら運転厳罰化】化粧をしながらの運転は?

主に女性が対象になると思いますが、化粧をする時鏡を見ますよね?

これも「注視」にあたるので取り締まりの対象です。

スポンサーリンク

【ながら運転厳罰化】ペットをひざに抱えながらの運転は?

時々、ペットを車の中で放し飼いにしている方もいますが、ひざの上に乗せて運転することも取り締まりの対象となります。

ハンドル操作を妨げるという観点から考えても、車の中を自由に動き回れる状態でも、警察から注意を受けるかもしれません。

スポンサーリンク

【ながら運転厳罰化】イヤホンでのハンズフリーは罰の対象になる?

ながら運転のハンズフリーは罰則の対象にはなっていません。

いくらハンズフリーで相手と会話をする場合でも、運転への注意が削がれることがあります。

話に夢中になると、ついつい細かいところまで注意がいかないのです。

ハンズフリーは各県の自治体ごとに禁止しているところもあり事前に確認が必要。

特にイヤホンタイプだと周囲の音も聞こえにくくなり、救急車、パトカー、周りの異常、自身の車の不具合の音なども聞こえづらいこともあります。

スポンサーリンク

ながら運転にならないようにするためには?

スマホやカーナビが普及して便利な世の中にはなりましたが、そのせいで痛ましい事故が起こっては意味がありません。

自分が加害者にも被害者にも合わないようにするためには次のことに注意しておきたいですよね。

●運転中はスマホ・カーナビなど極力使わない。
●ナビは同乗者にお願いする。
●一人で運転する場合、道が分からなくなったら駐停車してから地図を確認する。
●ハンズフリーでも運転の注意が散漫になるのでなるべく行わない。
●ペットを同乗させるときは、ケージの中に入れる。
スポンサーリンク

【ながら運転厳罰化】反則金や違反点数はどうなるの?ケース事例は?まとめ

反則金や違反点数が付くのは嫌なことですが、一番嫌なのは自分が加害者や被害者になるということです。

ちょっとスマホやカーナビの画面を見ただけで、対向車とぶつかって相手の同乗者を死亡させてしまったという事故もたくさん起きています。

ハンズフリーも含めて、ながら運転は注意力が弱まり危険な運転につながるので、いいことが一つもありません。

ながら運転厳罰化を機会に、車の中でいろいろしなくていいように乗る前に準備しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました