本サイトではプロモーションが含まれています

長沼真太郎(北海道コンフェクトグループ社長)のwki経歴や学歴!妻や子供は?

北海道コンフェクトグループの社長として父親が創業した「きのとや」など5つの会社を束ねている長沼真太郎(ながぬま・しんたろう)さんのwiki経歴を探っていくと、慶應義塾大学卒業など輝かしい学歴を誇っていたことが分かりました。

結婚した妻は埼玉出身で4人の子供を授かっている点にも注目が集まっている長沼真太郎さんは、料理人の経験がないのにお菓子業界で大成功を収めた実業家としてビジネス番組に出演する機会が多くなっていますよね。

爽やかな顔立ちで親しみやすそうな見た目をしていながら、専門家を唸らせるような驚き仰天の策を次々に打ち出すことでも知られている長沼真太郎さんのwikiプロフィールを深掘りしていきましょう。

スポンサーリンク

長沼真太郎(北海道コンフェクトグループ社長)のwikiプロフィール

wikiプロフィールは1986年生まれの37歳で、長沼真太郎さんは5つの会社を取りまとめる「北海道コンフェクトグループ」を2022年10月に設立させた腕利きの実業家です。

名前長沼真太郎(ながぬま・しんたろう)
生年月日1986年(昭和61年)4月4日
年齢37歳(2023年11月時点)
出身地北海道札幌市
学歴札幌南高校→慶應義塾大学商学部
職業北海道コンフェクトグループ代表取締役社長

”焼きたてチーズタルト”を日本中で大ヒットさせた仕掛け人といわれているのが長沼真太郎さんで、株式会社BAKEで上質なスイーツの開発を成功させた後、2022年10月に北海道コンフェクトグループを立ち上げました。

「北海道コンフェクトグループ(本社・札幌)は、きのとや、千秋庵製菓、Kコンフェクト、COC、ユートピアアグリカルチャーを束ねる持ち株会社として10月(2022年)に設立した。」

引用:北海道建設新聞社

実の父親が一代で築き上げた「きのとや」をはじめとする5つの企業をまとめる役割を担う持ち株会社を作り上げた長沼真太郎さんは、国内外で注目を集める新進気鋭の実業家として知られるようになったのです。

30代の若さで脅威的な活躍を見せている長沼真太郎さんが北海道コンフェクトグループ社長に就任するまでの流れを経歴でまとめていきましょう。

スポンサーリンク

長沼真太郎(北海道コンフェクトグループ社長)の経歴

経歴は「丸紅→きのとや→BAKE→北海道コンフェクトグループ」となっており、たった1年で丸紅を辞めてしまった長沼真太郎さんですが、新宿で焼きたてチーズタルトをブレイクさせて以降、活躍の場をどんどんと広げています。

・丸紅の入社試験に合格し、就職(2010年)
・わずか1年で丸紅を退職し、父が営む「きのとや」へ転職(2011年)
・売上が低迷していた「KINOTOYA2」を復活させる
・ネット販売事業失敗後に東京で「BAKE」を創設(2013年)
・BAKE1号店を東京の新宿にオープンし、軌道に乗る(2014年)
・BAKEの会長職を勇退(2018年)
・スタンフォード大学客員研究員として渡米
・ユートピアアグリカルチャー代表取締役就任(2020年)
・北海道コンフェクトグループ立ち上げ(2022年)

丸紅に就職したが・・・

お菓子業界一筋の人かと思いきや、長沼真太郎さんは最初に大手商社・丸紅へと就職していて、菓子食品課のメンバーに加わりました。

DeNAをはじめとする大企業から内容を貰っていた中、あえて丸紅に入社した長沼真太郎さんですが、わずか1年で丸紅を辞めてしまい、父親が経営している「きのとや」に再就職しています。

丸紅を辞めたわけはハラスメントなどではなく、中華圏進出のプロジェクトを任されていた時、香港のお金持ちから新しい事業を持ちかけられたことが丸紅退職の理由だったことも判明しました。

新宿で焼きたてチーズタルトがメガヒット

香港の大富豪の事業話が破綻となった後、長沼真太郎さんは父親は社長を務めていた「きのとや」に転職したものの、極度の売り上げ不振やネット販売事業失敗を経験するなど、順風満帆な実業家人生を過ごしていたわけではありません。

ただ、2014年に焼きたてチーズタルト専門店「BAKE」1号店を東京・新宿に開店させたことが長沼真太郎さんの人生のターニングポイントになっていて、焼きたてチーズタルトのブームを巻き起こすことに成功し、腕利き実業家の仲間入りを果たすのでした。

様々な失敗を糧にしながら、自分の役割をしっかりとこなしてきた長沼真太郎さんですが、丸紅に就職できるぐらいですから、相当なインテリのはずなので、学歴について深掘りしていきましょう。

スポンサーリンク

長沼真太郎(北海道コンフェクトグループ社長)の学歴まとめ

学歴は「札幌南高校→慶應義塾大学商学部」と判明している長沼真太郎さんですが、がり勉タイプではなく、高校卒業まで野球に打ち込むスポーツ少年だったことが分かっています。

・野球強豪校の札幌南高校に入学(偏差値71で道内1位)
・慶應義塾大学商学部に合格(偏差値65~67.5)
・高校まで野球に打ち込み、大学時代は東大の起業サークルに入っていた

出身高校

小学校の頃から野球に打ち込んでいた長沼真太郎さんは、道内屈指の野球強豪校・札幌南高校へと進学していて、部員100名を束ねる主将として活躍していました。

念願だった甲子園出場はならなかったものの、元メジャーリーガーの田中将大投手との対戦が実現するなど、充実した学生生活を過ごしていたようです。

小学校だけでなく、中学校や高校でも野球部主将を務めていた長沼真太郎さんですが、高校で夏の北海道大会を戦っている最中、野球部の監督不在という緊急事態を経験しており、主将兼監督に抜擢されたストレスで胃潰瘍を患ったこともありました。

出身大学

偏差値71の札幌南高校出身の長沼真太郎さんは、学生の頃からビジネスへの関心が強かったようで、慶應義塾大学の商学部へと進み、商売のノウハウを叩き込みました。

また、東京大学に存在していた「起業サークル」にも長沼真太郎さんが参加しており、日本最高峰のインテリたちと起業についてのディスカッションを続けた効果もあり、焼きたてチーズタルトの成功につながったのかもしれませんね。

野球大好きなスポーツ少年から実業家へと華麗なる転身を果たした長沼真太郎さんですが、結婚した妻や子供はいるのでしょうか?

スポンサーリンク

長沼真太郎(北海道コンフェクトグループ社長)が結婚した妻や子供は?

結婚した妻との間に4人の子供を授かっている長沼真太郎さんは6人家族の大黒柱としてこれからも活躍してくれることでしょう。

・結婚した妻の存在は確認されたが、名前や年齢は不明
・子供は4人でいずれも男の子
・妻は埼玉県生まれで丸紅で働いていた頃が馴れ初めか?

妻と子供の名前は分かっていませんが、4人いる子供はすべて男の子となっており、年齢の内訳は「11歳・9歳・6歳・4歳」ということが判明しました。

長男から三男までは小学校に通っている年齢なので、北海道の有名私立校に進んだ可能性がある一方、妻は埼玉県生まれだったことが分かっていますから、長沼真太郎さんが丸紅の社員だった2010年から2011年あたりに知り合った可能性が高くなっています。

新宿にBAKEの1号店を立ち上げた2014年頃に次男が生まれたものの、自宅がある北海道で暮らしていくのは現実的ではなく、長沼真太郎さんは家族を北の大地に残す形で東京に単身赴任していた、という意外な事実も分かりました。

続いては、長沼真太郎さんを実業家の道に導いた?と噂されている父親の正体や人物像を徹底検証していきます。

スポンサーリンク

長沼真太郎(北海道コンフェクトグループ社長)の父親

父親の長沼昭夫(ながぬま・あきお)さんは、北海道に拠点がある洋菓子メーカー「きのとや」の創業者兼取締役会長を務める偉大な人物で、若い頃の長沼真太郎さんに経営のノウハウを伝授しました。

父親のwikiプロフィール

名前長沼昭夫(ながぬま・あきお)
生年月日1947年(昭和22年)10月11日
年齢76歳(2023年11月時点)
出身地北海道
学歴札幌西高校→北海道大学水産学部
職歴農業→北海道ダイエー→ケーキ屋→きのとや創立
職業きのとや代表取締役会長、北海道菓子協会理事長、スイーツ王国さっぽろ推進協議会会長

幼い頃からずっと北海道で過ごしてきた父親・長沼昭夫さんは、息子の長沼真太郎さんが丸紅退職後に働いていた「きのとや」の創業者兼会長というお偉いさんです。

元々は実家の農業に打ち込む予定だったそうですが、経営難に追い込まれたため、北海道ダイエーに就職した後、自前のケーキ屋を営んで経営の勉強を積み重ねた上で「きのとや」を創業させました。

若い時に痛い失敗を経験したものの、自らのミスを糧にして新しいステップに進んでいく、という生き様は長沼真太郎さんにそっくりですし、逆境でこそ真価を発揮する血筋なのでしょうね。

息子に経営の難しさを叩き込む

息子の長沼真太郎さんが丸紅を辞めた直後、売り上げ低迷に陥っていた「KINOTOYA2」の立て直しを要求されていましたが、ミッションを達成することができず、苦しい立場に追い込まれていました。

お菓子業界の素人でもあった長沼真太郎さんに難しいノルマを課した人物こそが父親・長沼昭夫さんで、息子に経営が一筋縄ではいかないことを肌で感じさせたのです。

直近のインタビュー記事を見てみても、長沼真太郎さんは父親・長沼昭夫さんのことを話したがらない傾向にあるので、不仲?と噂する声も出てきました。

ただ、実業家の大先輩でもある父親・長沼昭夫さんのことを心の底から尊敬しているからこそ、軽く口には出せないのでしょうし、「親父に負けるか!」という反骨精神も長沼真太郎さんの活力になっているのかもしれませんね。

父親・長沼昭夫さんと切磋琢磨しながら、どんどん成長している長沼真太郎さんですが、母親と兄弟に関する情報は特定されているのでしょうか?

スポンサーリンク

長沼真太郎(北海道コンフェクトグループ社長)の母親と兄弟は?

北海道に住んでいる母親がいるのはもちろん、兄弟は2人の姉がいることが判明しており、長沼真太郎さんは3人兄弟の末っ子でした。

・母親の名前は不明で、職業は専業主婦の可能性大
・2人の姉がおり、長沼真太郎は3人兄弟の末っ子
・長男だった長沼真太郎は幼い頃から後継者として育てられた

キャプテンシーが強そうなイメージがある長沼真太郎さんなので、兄弟がいたとしても最年長なのでは?と思っていましたが、実際のところは2人の姉がいることが分かっていますから、3人兄弟の末っ子で甘えん坊な性格なのかもしれませんね。

父親・長沼昭夫さんが実業家として高い年収を誇っているのは間違いありませんので、母親の職業は専業主婦の可能性が極めて高く、長男の長沼真太郎さんを後継者に育てるため、家族総出で英才教育を施していたそうです。

「きのとや」の正当な後継者にはなっていませんが、独立しても結果を残し続けている裏側には母親と2人の姉のサポートがあったのは間違いない長沼真太郎さんに「不動産が副業?」との疑惑が浮上していますので、真相に迫っていきましょう。

スポンサーリンク

長沼真太郎(北海道コンフェクトグループ社長)は不動産が副業?

副業で不動産をしている?という噂は完全なウソで、同姓同名の「長沼真太郎」という人物が不動産会社の社長を務めていることが噂拡散の理由となっています。

・長沼真太郎は副業をしていない
・同姓同名の「長沼真太郎」が社長を務める不動産会社が存在している

札幌市中央区に「Wall」という不動産会社が存在しているのですが、代表者の名前が「長沼真太郎」と記載されているため、北海道コンフェクトグループ社長の長沼真太郎さんが副業に手を出した?と噂になっていました。

しかし、長沼真太郎さんが不動産を副業にしている形跡はなく、同姓同名の人物が不動産会社の社長を務めていただけのようで、なかなかに紛らわしい噂ですけど、多才な長沼真太郎さんなら不動産業でも成功するだろう、と思われている点も噂が広がる要因だったのかもしれませんね。

最後に、長沼真太郎さんが率いる北海道コンフェクトグループが手掛けた有名なお菓子の数々をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

北海道コンフェクトグループの有名なお菓子

「きのとや」の極上牛乳ソフトのほか、千秋庵製菓の「ノースマン」など全国的な知名度の高さを誇る有名なお菓子のプロデュースをしているのが長沼真太郎さんが社長を務める北海道コンフェクトグループなのです。

極上牛乳ソフト(きのとや)
ノースマン(千秋庵製菓)
北海道あんみるく(Kコンフェクト)
スノーサンド(COC)
CHEESE WONDER(ユートピアアグリカルチャー)

極上牛乳ソフト(きのとや)

新千歳空港のソフト・アイスクリーム総選挙で4連覇を成し遂げた「極上牛乳ソフト」。

乳製品の宝庫でもある北海道はソフトクリームの激戦区ですが、美味しいものしかそろっていない新千歳空港内のお店でも圧倒的な人気を誇っているのはさすがですよね。

ノースマン(千秋庵製菓)

パイの中に甘い小豆餡が入っていて、爽快感のある後味も評判になっている「ノースマン」。

ノースマン発売40周年記念としてリリースされたカボチャ味も好評になっていて、定番のミルク味と合わせて購入するお客さんが多くなっているそうです。

北海道あんみるく(Kコンフェクト)

北海道で作られた練乳が含まれているミルクまんじゅうの「北海道あんみるく」。

ココアパウダーを使った「ちょこみるく」の評価も高くなっていますが、定番の「あんみるく」は今現在も根強い人気を誇っていて、北海道土産の十八番にもなっていますよね。

スノーサンド(COC)

「SNOWS」というブランドで売り出されているのが「スノーサンド」で、たっぷりの生チョコレートと生ホワイトチョコレートが注入されたクッキーです。

梱包された箱も可愛らしいパッケージになっていることもあり、お土産に「スノーサンド」を複数買っていく人も少なくありません。

CHEESE WONDER(ユートピアアグリカルチャー)

大量生産不可能なお菓子ということもあり、レア感がより際立っているのがユートピアアグリカルチャーが売り出しているチーズケーキ「CHEESE WONDER」です。

なぜ大量生産できないのかというと、家畜のストレスを軽減して、より深みのある味の牛乳を手に入れることが可能な「放牧酪農」の制度を採用しているからで、長沼真太郎さんの判断で「放牧酪農」の方針を継続させていることも判明しました。

スポンサーリンク

まとめ

長沼真太郎さん(北海道コンフェクトグループ社長)のwki経歴をまとめると、札幌南高校から慶應義塾大学商学部卒業の学歴を誇っていて、結婚した妻の存在が確認されたほか、子供は男の子が4人いることが分かりました。

父親・長沼昭夫さんが築いてきたレールの上を歩くのではなく、自らの手で新しい事業に乗り出していく野心家の長沼真太郎さんが今後どのようなビジネスを展開してくれるのか?というところは本当に楽しみですよね。

気になる人物
オモシロゴト
error: Content is protected !!