本サイトではプロモーションが含まれています

宮澤ひなたの母親父親は離婚!兄・佳汰はサッカー選手で超イケメン

なでしこジャパンの点取り屋として大活躍中の宮澤ひなた(みやざわ・ひなた)選手は小さい頃に母親と父親の離婚を経験した?兄・宮澤佳汰選手もサッカー選手で超イケメンって本当?など様々な話題を徹底深堀り。

次世代エースの期待も懸かっている宮澤ひなた選手ですけど、母親の名前が「宮澤貴代」で、五輪やW杯に代表入りできなかった際、心強くなるような励ましをしていたことが分かりました。

スポンサーリンク

宮澤ひなたの母親・宮澤貴代のプロフィール

笑顔を絶やさない母親・宮澤貴代さんの年齢など詳しいプロフィールは不明ですが、苦悩していた娘・宮澤ひなた選手に効果的なエールを送るなど、心の支えとして大きな存在になっているようです。

・母親の貴代(たかよ)の年齢などプロフィールは非公表
・宮澤ひなたが23歳なので、母親・貴代は40代後半?
・五輪落選など苦悩の日々を過ごした娘を激励

サッカー女子W杯日本代表に選出された直後、出身地にあたる神奈川県南足柄市の市長を表敬訪問した際、宮澤ひなた選手と一緒に姿を表していた女性こそが母親の宮澤貴代さんになります。

年齢や職業といったプロフィールの詳細は明かされていませんけど、宮澤ひなた選手の年齢が23歳ということを踏まえると、母親・宮澤貴代さんは40代後半の年齢なのでは?と予想しました。

将来性の高さを評価されていながら、五輪やW杯の選考漏れを経験するなど、大きな挫折を味わった宮澤ひなた選手に対し、母親・宮澤貴代さんはいつも笑顔で接していて、時には娘のやる気を促すようなエールを送ったこともあったそうです。

「サッカーが好きなら最後までやりきろう!」など効果的な激励を送り続けていた母親・宮澤貴代さんの期待に応えるため、世界の舞台で活躍している宮澤ひなた選手ですが、3人家族で育っただけでなく、両親の離婚を経験していたことが判明しました。

スポンサーリンク

宮澤ひなたの家族は3人!両親は離婚

神奈川県南足柄市生まれで3人家族(母親・兄・本人)ということが分かっている宮澤ひなた選手ですけど、9歳で両親が離婚していて、家計が苦しい中でも大好きなサッカーを続けさせてくれた母親・宮澤貴代さんに頭が上がらないようです。

小学3年で両親の離婚を経験

・実家は母親、兄、本人の3人家族
・9歳の時に両親が離婚した
・離婚理由は不明で父親の現況も分かっていない

母親・宮澤貴代さんからの力強いエールに後押しされる形でサッカー女子W杯日本代表の座まで上り詰めた宮澤ひなた選手ですが、9歳(小学3年生)の頃に両親が離婚に踏み切っていたことが分かりました。

両親の離婚理由は定かではありませんけど、物心ついたところで父親がいなくなってしまう、という経験は宮澤ひなた選手にとってとても辛いものになったはずです。

離婚した父親が今何をしているのかも不明ですが、実の娘がサッカー女子W杯の日本代表に選ばれて活躍していることは知っているはずなので、陰ながら応援しているのではないでしょうか。

実家の家計が困窮

・離婚後に母親の貴代は2ヶ所でパートをしていた
・2人の子供を養うため、多忙な日々を過ごすが、家計は困窮
・遠征費用を賄うことができず、娘に試合出場を断念させたことを母親が後悔
・厳しい中でもサッカーを続けさせてくれた母親に宮澤ひなたは頭が上がらない

両親が離婚した後、宮澤ひなた選手の実家の家計はかなり苦しい状況にあったそうで、2人の子供(兄と宮澤ひなた)を育てるための費用を捻出することに苦心していたそうです。

パートを掛け持ちしていたにも関わらず、十分な給料を稼ぐことができなかった母親・宮澤貴代さんは、娘の宮澤ひなた選手を他地域の遠征させられるだけの金銭的余裕がなく、試合出場をキャンセルさせたことを今でも強く後悔しているとのこと。

でも、難しい状況でも絶え間ない愛情を注いでくれた母親・宮澤貴代さんへの感謝の気持ちを決して忘れていない宮澤ひなた選手は、成人してからも母親に頭が上がらないようで、サッカー選手として大成功を収めて親孝行したい!という思いが強いのかもしれませんね。

続いては、宮澤ひなた選手の兄・宮澤佳汰選手も同じサッカー選手で、シュッとした顔立ちが特徴的な超イケメンであることが顔画像で確認されています。

スポンサーリンク

【顔画像】宮澤ひなたの兄は宮澤佳汰でサッカー選手

兄・宮澤佳汰選手は年齢26歳で久野FCという社会人チーム所属のサッカー選手だということが顔画像で判明したほか、宮澤ひなた選手ご自慢の超イケメンの兄として注目を集めているようです。

・兄の名前は宮澤佳汰(みやざわ・けいた)
・社会人チームの久野FCに在籍しているサッカー選手
・シュッとした顔立ちの超イケメンでブレイク確実?
・兄の存在がサッカーを始めるきっかけになった

宮澤ひなた選手には3歳年上の兄・宮澤佳汰選手がいるのですが、社会人チーム・久野FCに所属しているサッカー選手で、日本大学を卒業していることが分かりました。

あまり顔画像は出回っていませんけど、シュッとした顔が印象的な超イケメンの宮澤佳汰選手なので、宮澤ひなた選手が活躍していくにつれて、カッコいい兄への注目度もどんどん上がっていくかもしれませんね。

ちなみに、宮澤ひなた選手がサッカーを始めるきっかけを与えたのが兄・宮澤佳汰選手で、実力でお兄さんに追いつこうとしている間にメキメキと実力をつけていったそうです。

最後に、宮澤ひなた選手のwiki経歴や生い立ちがどのような感じなのかを調べてみたところ、高校生の時になでしこジャパンの代表合宿メンバー入りを果たしたほか、法政大学在学中だったにも関わらず、プロの日テレベレーザに入団するなど、輝かしい実績を残していました。

スポンサーリンク

宮澤ひなたのwiki経歴に生い立ち

法政大学在学中に日テレベレーザへと入団したほか、星槎国際高校時代にポジション変更したことが転機となり、なでしこジャパンの代表合宿に高校生でただ一人選出されるなど、宮澤ひなた選手は華麗なるwiki経歴・生い立ちの持ち主です。

FWへと転向した高校時代に代表合宿メンバー入り

・学歴は南足柄小学校→南足柄中学校→星槎国際高校
・星槎国際高校時代は通信課程(湘南学習センター)で学習
・高校進学後にポジションがボランチからフォワードに変更
・2018年1月、高校生でただ一人代表合宿メンバーに入る

南足柄中学校時代に女子サッカーチーム「OSAレイアU-15」へと加入したあたりから才能を発揮していった宮澤ひなた選手。

通信課程がある星槎国際高校に進学してからもサッカーを続けていて、中学時代まで勤めていたボランチのポジションを卒業し、最前線のフォワードへと転向しています。

ハイレベルな練習施設を持ち合わせていた星槎国際高校・湘南大磯キャンパスでサッカーに打ち込んでいた宮澤ひなた選手ですけど、当時の監督が長所のスピードを活かすために得点力の有無が問われるフォワードにコンバートされ、見事能力を開花させました。

主将に就任した高校3年の時、インターハイでチームを3位に導いた宮澤ひなた選手は、法政大学スポーツ健康科学部(偏差値52.5~57.5)へと進学します。

法政大学時代に名門の日テレベレーザ入団

・18歳の若さで名門の日テレベレーザへと加入
・入団1年目になでしこリーグ1部の新人賞を獲得
・2021年にマイナビ仙台レディースへと移籍

2023サッカー女子W杯で待望のなでしこジャパン入りを決めている宮澤ひなた選手ですが、法政大学入学直後の18歳でなでしこリーグの名門・日テレベレーザに加入していて、入団1年目でいきなり新人賞のタイトルを獲得した超ド級のエリートです。

点取り屋特有のチャレンジ精神旺盛なプレースタイルでどんどん得点を重ねていった宮澤ひなた選手は、2021年からマイナビ仙台レディースへと移籍した後も決定力の高いフォワードとして目覚ましい活躍を見せていきました。

スポンサーリンク

まとめ

宮澤ひなた選手の母親・宮澤貴代さんは娘が9歳の時に父親と離婚していて、パートを掛け持ちしながら家計を支えていたそうで、苦心する母親の背中を見て育った宮澤ひなた選手は見事なでしこジャパン入りを果たしました。

超イケメンの兄・宮澤佳汰選手も同じサッカー選手(久野FC所属)ですし、宮澤ひなた選手がW杯初出場で大活躍していますから、美男美女兄弟としてメディア出演が増えていくかもしれませんね。

スポーツ
error: Content is protected !!