本サイトではプロモーションが含まれています

【画像】松井珠己がかわいい!学歴や高校・中学時代から身長高い?

松井珠己(まつい・たまき)選手のかわいい画像をご紹介するだけでなく、詳しい学歴や高校・中学時代から身長高い?と噂されている件についても徹底深掘り。

タイで開催されるネーションズリーグ2023第3週のバレーボール女子日本代表に選出された松井珠己選手がかわいい!と言われる理由を画像と一緒にまとめていきましょう。

スポンサーリンク

【画像】松井珠己がかわいい!と言われる理由

松井珠己選手がかわいい!と言われる理由は「笑顔と真剣な表情のギャップ」「爽やかな美女アスリート候補」「ドヤ顔もかわいい」「ファンサ完璧」の4つで、それぞれの画像もご紹介します。

・コート上で真剣な表情の時と笑顔のギャップが絶妙
・爽やか美女アスリートとしてブレイク間近?
・ドヤ顔などシチュエーションごとにかわいい画像が発掘される
・ファンサービス旺盛で好感度抜群

得点を決めた時に炸裂する弾けるような笑顔が松井珠己選手の大きな特徴で、コート上で真剣な表情を見せている時とのギャップがかわいい!と言われています。

アスリートの理想形とも言うべき「爽やかさ」を持ち合わせている点もかわいい!と噂になる理由の松井珠己選手なので、ネーションズリーグ2023での活躍次第では美女アスリートの仲間入りを果たす可能性も十分ありますよね。

ボールを脇に抱え、ドヤ顔を披露している松井珠己選手もかなりかわいいですし、どんなシチュエーションでもキュートなところを覗かせている点が魅力です。

ネット上には色々な松井珠己選手の画像が出回っていますけど、ファンからシャッターを向けられると、咄嗟に笑顔でピースサインを作るなど、ファンサービスが完璧なところもかわいい!と評判になる理由ではないでしょうか。

続いては、松井珠己選手の学歴をまとめていきましょう。

スポンサーリンク

松井珠己の学歴まとめ

松井珠己選手の学歴まとめは「松戸市立馬橋小学校→松戸市立第四中学校→富山第一高校→日本女子体育大学」です。

・松戸市立馬橋小学校(東金町ビーバーズに所属)
・松戸市立第四中学校
・富山第一高校(偏差値54)
・日本女子体育大学(偏差値50~55)

出身地が千葉県松戸市であることを公表している松井珠己選手は、中学までは地元松戸市にある公立校に進んでいて、中学卒業後に実家を出る形で北陸の富山第一高校に進学しました。

高校卒業後に日本女子体育大学に進んでいる松井珠己選手ですけど、女子バレーボール部の主将を務めるだけでなく、大学日本代表でもキャプテンを任されるなど、チームを牽引する役割を担った経験があります。

また、松井珠己選手は大学2年の時に出場したU-20世界ジュニア女子選手権大会にてベストセッター賞を獲得したほか、大学4年春の関東大学リーグのMVPを受賞するなど、学生時代から輝かしい成績を残していました。

かわいいところだけでなく、実力も折り紙付きの松井珠己選手の学歴を更に掘り下げるべく、今度は出身高校と中学に関する情報を整理していきましょう。

スポンサーリンク

松井珠己の出身高校や中学

松井珠己選手の出身高校は「富山第一高校」で出身中学は「松戸市立第四中学校」卒業しているほか、高校時代には春高バレー本大会出場を果たしています。

・出身中学は松戸市立第四中学校でバレー部に所属していた模様
・出身高校は女子バレーの強豪校である富山第一高校
・高校2年で春高バレーに出場し、大会注目のセッターと紹介されていた

千葉県松戸市生まれの松井珠己選手は小学校3年の頃から本格的にバレーボールに打ち込み始めたそうで、松戸市立第四中学校に進んだ後もバレーボール部に所属していた可能性が高まっています。

でも、中学時代の松井珠己選手は目立った成績を残していないようなので、バレーボール選手としてはまだ成長途上の段階だったのかもしれませんね。

松戸市立第四中学校卒業後の松井珠己選手は、スポーツが盛んな学校として知られていて、女子だけでなく、男子バレーボール部も好結果を残している富山第一高校へと進学します。

高校2年の時に待望の春高バレー出場を果たし、チームの攻撃の要となるセッターのレギュラーとして目覚ましい活躍を見せ、大会注目のプレイヤーとしてピックアップされていた松井珠己選手。

富山第一高校時代からかわいい笑顔は健在で、プレーでチームを鼓舞するのはもちろん、逆境に立たされた状況でも笑顔を忘れず、主将として他のメンバーを支え続けた松井珠己選手の姿は強烈なインパクトを残しました。

最後に、松井珠己選手の身長は学生時代から高かった?と話題になっていたので、情報を取りまとめていきましょう。

スポンサーリンク

松井珠己の身長は学生時代から高い?

松井珠己選手の身長は170cmで学生時代から他の女性よりも高いのは確実ですが、バレーボール選手としては小柄な部類に入ります。

・身長170cmでセッターのポジションを務める
・20代女性の平均身長(157.5cm)より10cm以上背が高い
・学生時代から身長が高かったのは間違いないがバレーボール選手の中では小柄

身長170cmであることを公にしている松井珠己選手は、20代女性の平均身長(157.5cm)よりも背が高い状況ですから、学生時代から身長の高い美女だったのは間違いないでしょう。

ただ、バレーボール選手の中での比較では小柄な部類に入っていて、2023年度女子日本代表の平均身長(175.28cm)より5cmほど身長が低くなっている松井珠己選手。

身長の高さよりも視野の広さやスタミナ・集中力の有無が問われるセッターのポジションを務めている松井珠己選手なので、日本代表の平均身長よりも背が低くても特に問題はないかと思います。

また、20代男性の平均身長(171.5cm)と同じくらいの背の高さがある松井珠己選手なので、街中ではとても目立つ存在だったでしょうし、学生時代からモテモテだった?という噂も浮上しているみたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

「笑顔と真剣な表情のギャップ」や「ファンサ完璧」などの理由でかわいい!と言われている松井珠己選手の美女っぷりを画像で確認したほか、松戸市立馬橋小学校から松戸市立第四中学校に進み、日本女子体育大学を卒業するなど、詳しい学歴もご紹介しました。

富山第一高校時代には春高バレーに出場した経験もある松井珠己選手は身長170cmで学生時代から背が高い?という噂は本当ですけど、女子バレーボール日本代表の中では小柄な部類に入るようですね。

バレーボール
オモシロゴト
error: Content is protected !!