毎熊克哉は結婚してる?彼女情報や好きなタイプの女性はどんな人?

スポンサーリンク
恋はつづくよどこまでも

毎熊克哉(まいぐまかつや)さんは、2008年から活動している俳優さん。

「恋はつづくよどこまでも」で来生晃一役で注目を集めている存在です。

演技派の毎熊克哉さんの人物像から気になる彼女や結婚情報なども深掘りしていきます!

スポンサーリンク

毎熊克哉のプロフィール

本名:毎熊克也
生年月日:1987年3月28日(32歳)
出身地:広島県福山市
身長:180 cm
体重:64kg
血液型:A型
所属事務所:アルファエージェンシー
受賞歴:
●2016年公開の主演映画「ケンとカズ」で第71回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞。
●おおさかシネマフェスティバル2017 新人男優賞。
●第31回高崎映画祭 最優秀新進男優賞を受賞。

東京フィルムセンタースクールオブアート専門学校で映画監督科コース卒業されています。

一見コワモテですが、素顔は優しいという情報^^

趣味はストリートダンスで趣味はパーカッションだそうなので、音楽系や表現することがほんとに好きなんですね~。

本名が毎熊克也で、芸名は毎熊克哉と「哉」の部分だけが違います。

毎熊克哉の経歴

3歳の時に観た映画『E.T.』ですでに映画作りに興味を持っていたという毎熊さん。

高校卒業後に、映画監督になるために東京フィルムセンタースクールオブアート専門学校へ進学して映画監督科コースを卒業しています。

自分が考えている役のイメージが役者に伝わりづらいなら、自分で演じた方が早いと感じて俳優に転身。

2012年には短編映画などを自ら製作するなどしていたそうです。

役者だけの稼ぎではやっていけなかったそうで、20代でも引っ越しのバイトを掛け持ちすることも。

当時、「役者で食っていくなんて厳しいから社員になったら?」と誘いも受けていたそうですね。

人生は一度きりだし、楽しみたいという気持ちと映画に関係する仕事がしたいという思いが強く「自分にはこの仕事しかない。」と思ったのだとか。

長編デビュー作品『ケンとカズ』が受賞し話題に

カトウシンスケとともにダブル主演を務めた専門学校時代の同級生・小路紘史監督の長編デビュー作品『ケンとカズ』が2015年の第28回東京国際映画祭にて作品賞を受賞し話題となりました。

2016年7月に自主映画としては異例の3か月以上にわたるロングランを記録もしています。

演技が評価され、

  • 第71回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞
  • おおさかシネマフェスティバル2017新人男優賞
  • 第31回高崎映画祭最優秀新進男優賞

を受賞し、30歳を前に遅咲きの新人として注目を集めるようになりました。

「昔の東映映画に出ていた俳優のような、怖さが出せる俳優になってくれたら」

と、東映会長・岡田裕介の目に留まったことをきっかけに吉永小百合さんの出演120本目の大作『北の桜守』に出演。

名俳優たちがキャストを固める中、毎熊克哉さんがたった一人若手として抜擢されています。

毎熊克哉は結婚してる?彼女はいる?

毎熊克哉さんは、現在のところ未婚です。

年齢も30代なのでもう結婚してもいい年齢なので、彼女はいるかもしれませんが、情報が見つかりませんでした。

まだ結婚していないということは、毎熊さんの性格も少なからず関係してそうです。

毎熊克哉の好きなタイプの女性はどんな人?

毎熊さんは以前インタビューで女性に関して次のようにコメントしていました。

実際の僕は女性に対して、すごく奥手です。知らない女性に声をかけることはもちろん、知り合いの女性ですら、頑張らないと食事に誘えません。

見た目とは裏腹に、恋愛にはあまり積極的ではなさそうです。

奥手の男性であれば、食事会などで新たに知り合う女性よりも、ドラマや映画の撮影現場で長く一緒にいる女性と熱愛の可能性も高いんじゃないでしょうか。

気心の知れた相手とであれば、奥手な男性でもアプローチしやすいですからね。

今後、女優さんが彼女、結婚などもありえそうです。

美しくなるための努力を表に見せない女性が好き

「ごめんね~」と言いながら約束の時間に遅れてきたり、無造作に髪を束ねていたりする女性がタイプなのだとか。

普段厳しい役柄を演じているせいか、天真爛漫で無邪気な性格の女性が好きなようです。

理想のデートは癒し系デート

毎熊克哉さんは、人がたくさんいるところが苦手。

比較的人の少なくて、温泉に入ったり、お酒を飲みながら会話を楽しんだりするデートが理想だそうですよ!

毎熊克哉は結婚してる?彼女情報や好きなタイプの女性はどんな人?まとめ

元は映画監督を目指していた毎熊克哉さんは、現在、彼女情報は見つかりませんでした。

奥手男子な故に、結婚もまだのようですね。

見た目は硬派な感じがするので、この女性!と決めた方には男らしくアプローチするんじゃないでしょうか?!

タイトルとURLをコピーしました