槇原敬之の薬物依存で楽曲は配信停止?!他アーティストへの影響も?

スポンサーリンク
アーティスト

歌手の槇原敬之さんが覚醒剤所持の疑いで逮捕されました。

1999年8月から二度目の覚醒剤で逮捕となり薬物依存も音楽活動を続けていたようですが。

最近では、他のアーティストへも楽曲を提供していたことから配信停止になるのか影響はどうなるんでしょうか?

スポンサーリンク

槇原敬之が覚醒剤で逮捕!薬物依存で再逮捕

https://twitter.com/JoeFuji2510/status/1227867970598137856

歌手の槇原敬之容疑者(50)が13日、覚せいを所持していた覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されていたことが分かった。

警視庁によると歌手の槇原敬之容疑者(50)は港区のマンションで覚せい剤およそ0.083gを所持していた覚せい剤取締法違反などの疑いがもたれている。

2月13日の16:30過ぎに渋谷区の自宅で槇原敬之容疑者が逮捕となりました。

所属事務所で代表取締役を務めていた人(O元代表)が2018年に覚醒剤取締法違反で逮捕。

逮捕直前の18年3月12日に解任されていて、槇原さんと同棲していた人物だったのです。

1999年の初公判では、「今後合うことはないです」と槇原容疑者は発言しました。

本人はファンや関係者に対して、

多くの方達に取り返しのつかないご迷惑をかけてしまい、お詫びする気持ちをどう表現して良いかわかりません。潔く罪を認め、いかなる処分も受けなければならないと思っております。

と謝罪。

1999年9月9日に300万円の保釈金によって保釈され、12月8日に 懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けています。

寛大な判決が下りました今も、法を犯すことの重大さを痛感いたしております。今後は、絶対にこの様な事を起こさないことを、堅くお約束いたします。

と槇原さん本人は語っていましたがファンも裏切る形となってしまいました。

マッキ―薬逮捕でキムタク提供楽曲などは配信停止?

https://twitter.com/jojosukisaikou/status/1227873671542296583

前回のマッキ―の逮捕の時は、このようなことが起きました。

●9月から予定されていたコンサートツアーの中止
●レギュラーラジオ番組の打ち切り
●CDが発売元のレコード会社によって店頭から回収される
●ファンがCDを買いに走った

昔はCD現物販売が主流だったので、覚醒剤逮捕の影響で過去の作品の売上が伸びるという現象が起こりました。

約20年後の今回の逮捕でネットでの音楽は配信停止となってしまうんでしょうか?

今まで槇原敬之さんはたくさんのアーティストに楽曲を提供されています。

誰もが知っている曲として、2003年に自身が作詞・作曲し、SMAPに提供した「世界に一つだけの花」が売上200万枚以上を記録しています。

2016年のSMAP解散後にも300万枚を突破し、翌年の春の選抜高校野球入場行進曲に選ばれるほどのヒット曲。

2019年10月23日にはデビュー30周年プロジェクト第1弾であるカバー・ベスト・アルバム『The Best of Listen To The Music』をリリースもしています。

最近では元SMAPの木村拓哉さんのアルバム『Go with the Flow』の「UNIQUE」という曲で楽曲提供。

今年3月4日は『Bespoke』をリリース予定、夏には30周年のオールタイムベストアルバムをリリース予定でした。

秋にはツアーを開催することも公表されていましたが中止は免れません。

前回の逮捕の時と同じであれば、音楽配信停止となる事態になる可能性が高いかもしれません。

ヒルナンデステーマ曲は差替え決定

槇原敬之さんは、ヒルナンデスのオープニングとエンディングテーマも担当しています。

週刊誌の取材によると「LUNCH TIME WARS」の曲は差し替えられることが決定しています。

槇原敬之が薬逮捕で提供楽曲など配信停止に不安の声

槇原敬之の薬物依存で楽曲は配信停止?!他アーティストへの影響も?まとめ

今回で二度目の覚醒剤所持で逮捕となってしまった槇原敬之さん。

世界に一つだけの花やキムタクや他アーティストへの様々な楽曲提供で世に素晴らしいお額を送り出していたマッキ―。

前回はCDの発売中止、回収などが行われたため買いに走ったファンの影響もあり、店頭から姿を消しました。

現在ネット上で槇原敬之さん関連の作品が配信停止となりかねない事態に、今のうちにダウンロードを急ぐ人が相次いでします。

・配信停止となる前に槇原敬之さんの曲をダウンロードする>>dヒッツ/初回31日間無料

タイトルとURLをコピーしました