小松島市長(浜田保徳)の経歴wiki!パワハラの内容がヤバい!

政治家・不祥事

徳島県の小松島市長である浜田保徳さんがパワハラと報じられました。

パワハラについては音声も入手したのだとか。

小松島市長のパワハラの内容や経歴wikiなどを調べてみました。

スポンサーリンク

小松島市長(浜田保徳)のパワハラの内容がヤバい!

報道によると、小松島市長(浜田保徳)がパワハラを日常的に行っていたと判明。

小松島市副市長を13日に解任された孫田勤氏が、浜田保徳市長による入札結果の改ざん強要やパワーハラスメントがあったと証言した問題で、徳島新聞は証拠となる音声データを入手した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00010000-tokushimav-l36

今のところ分かっているパワハラの内容は次のとおり。

●入札結果の改ざん強要
●市長が入札業者の採点をやり直すよう命じた
●机をたたきながら部下を怒鳴ったりしていた

小松島競輪場の業務委託に関する内部協議と、解任理由となった廃棄物最終処分場の方針を巡るやりとりなどで行われたそうです。

浜田保徳市長自体は、取材に対して「改ざん強要やパワハラはしていない」とコメント。

その後、一転してパワハラに関しては認め、改ざんに関しては否定しています。

証拠の音声もあることから、本人はただ強く発言しただけで、パワハラと認識していないケースも。

自分で認めていなくても、周りから指摘があるほどなのでよほどヤバかったのだと思います。

本当の真意についてはこれからが注目されます。

スポンサーリンク

小松島市長(浜田保徳)のプロフィール

●名前:濱田 保徳(はまだ やすのり)
●生年月日: 1957年6月7日(62歳)
●出身地: 徳島県美馬郡脇町(現:美馬市)
●出身大学: 徳島県農業大学校
スポンサーリンク

小松島市長(浜田保徳)の経歴wiki

小松島市長である浜田保徳さんは徳島県美馬郡脇町の酪農家の生まれです。

市長の前は、会社役員を務められています。

21歳ごろに婿養子に入って結婚。

小松市長は、2007年5月に小松島市議会議員に就任し、2期途中の2012年10月に辞職。

当選2回の2013年2月3日から現職で小松島市長として活動されています。

1978年:農家の濱田家の婿養子として小松島市櫛渕町に移り住む
1980年:原木椎茸の栽培を始める
1987年:菌床栽培に切り替え
1994年:櫛渕椎茸組合を設立
1997年:有限会社浜田農園を設立
2000年:株式会社化し株式会社浜田農園に
2001年:サンマッシュ櫛渕協同組合を設立
2003年7月:サンマッシュ櫛渕協同組合代表理事に就任
2007年:株式会社浜田農園社長を退任し、会長に就任

浜田農園(小松島市櫛渕町字中田131番地)というのはしいたけに特化した会社です。

現在は、長男である浜田光且さんが社長として経営されているよう。

自分のお父さんがパワハラと報じられて、息子さんの会社経営に影響が出ないといいのですが、全く0ということはないでしょうね。

スポンサーリンク

小松島市長(浜田保徳)のパワハラの内容についてネットの声

 

スポンサーリンク

小松島市長(浜田保徳)の経歴wiki!パワハラの内容がヤバい!まとめ

小松島市長(浜田保徳)がパワハラや改ざんを疑われ、一度は否定しパワハラについては認めています。

「政策への熱意からだった。心労をかけた」と謝罪をしましたが、市長の辞職についは否定しているそうです。

入手されている音声はきっと普通の怒った人ではないくらいヤバいのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました