【カンブリア宮殿】お米屋・八代目儀兵衛社長・橋本隆志の経歴は?

気になる人物

2020年2月27日(木)のカンブリア宮殿に京都の老舗米屋である八代目儀兵衛社長・橋本隆志さんが登場。

江戸寛政時代から続く米屋の八代目社長である橋本隆志さんの経歴についてもご紹介していきます。

お米を追求し尽くした橋本隆志さんが考える最高のお米を提供するために一体どんな活動をされているんでしょうか?

スポンサーリンク

【八代目儀兵衛】社長・橋本隆志のプロフィール

https://twitter.com/J2C4d9kVJkCPPNh/status/1196313551251443712
名前:橋本隆志(はしもとたかし)
出身地:京都府
出身高校:東山高等学校
出身大学:同志社大学商学部卒業
資格:五ツ星お米マイスター/きょうと食いく先生認定/米育事業「my taste」講師 など
スポンサーリンク

橋本隆志の経歴は?【カンブリア宮殿】お米屋・八代目儀兵衛社長

https://twitter.com/HIROnorisaan/status/1230753643822845952

同志社大学商学部を卒業後は、大手通販会社に約2年間勤務し、米問屋での1年間の勤務を経験されています。

その後は、

●1998年:コメ販売を家業とする「橋本儀兵衛」に入る
●2006年:「八代目儀兵衛」を設立し、社長に就任。

「八代目儀兵衛」は江戸寛政時代より続く橋本儀兵衛の八代目です。

先代より受け継がれたお米を選び抜く才覚を活かし、産地や銘柄に拘らず、年間1000回以上もお米を厳選されています。

その年や季節に合わせ、「美味しい」と感じられるお米を常に提供し続けています。

●国内大手航空会社 国際線ファーストクラス機内食に定期採用
●京都の知恩院にて「サラナ親子教室」と共同でお米の食育イベント開催
●京都祇園の八坂神社前に「京の米料亭 八代目儀兵衛」をオープン
●銀座の五丁目に「銀座米料亭 八代目儀兵衛」をオープン
●お米のギフト事業
●京都祇園・東京銀座・成田国際空港に”ごはんを食べる”体験型アンテナショップの展開
●デルタ航空の最上級クラス「デルタ・ワン」の機内食採用
●中国の上海にて「京都府主催・日本京都館」出展
●経済産業省主催「がんばる中小企業300社」に選定

その他にもお米のコンテスト「お米番付」の開催など、幅広い活動でお米業界を盛り上げるお米プロデューサーでもあります。

お米は日本人の主食でもあるごはん。

美味しいご飯を食べるだけで幸せになれるので、八代目儀兵衛のお米を一度食べてみたいですね!

スポンサーリンク

橋本隆志の弟は料理人の橋本晃治

お兄さんである橋本隆志さんがお米の目利きをし、美味しい銀シャリに炊き上げるのが弟・橋本晃治さんの仕事。

お米屋で育ってきたので美味しくないお米はすぐに分かるそう。

自分ができる社会貢献は「美味しい料理を提供すること」を和食で実現することを目指しているとのこと。

京都の有名料亭で約2年弱の修行をし、2009年10月の京都・祇園の米料亭のオープンとともに総料理長に就任されています。

使用するお米は、お兄さんの橋本隆志さんが選定したもの。

そのお米を活かしてごはんを最高の状態でお客様に提供しているそうです。

晃治さんが大分県の旅館での修行から帰ってきたとき、お兄さんから

社会貢献を考えろ。これからの飲食店で生き残る道は2つしかない。エンターテインメント感を持たせた料理で楽しく食事をしてもらうか、食育の要素を色濃くして食材に向き合ってもらうかだ。

と、兄弟で目指した夢は米料亭の「お米のエンターテインメント×食育」だそうです。

スポンサーリンク

お米屋・八代目儀兵衛の売上は?

八代目儀兵衛の売上の比率は、ネット販売がメインで、売り上げの9割を占めているとのこと。

意外にも京都や東京にある米料亭の売り上げはまだ1割ほどなのだとか。

実際に店舗があるので、そこも強みだそう。

実際に食べることができるというインパクトは大きな力に。その後、ネット通販で注文してもらえるかという仕組みも重要視されています。

逆にリアルな店舗があるからこその現場力を活性化させる考えもあるといいます。

リアルなお客さんの反応から見えてくることもあり、ヒントを得て商品・サービスに還元していくこともあるそうです。

大企業にはできない中小企業ならではの「スピード感」を持って行動している部分も八代目儀兵衛の力になっているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「【カンブリア宮殿】お米屋・八代目儀兵衛社長・橋本隆志の経歴は?」についてご紹介しました。

八代目の橋本隆志さんは、食育も含めて美味しいお米を提供するために日々奮闘中。

経歴も大手通販会社勤務経験を活かして、世代問わず愛されるお米作りをされています。

贈り物にも喜ばれますが、一度自分で食べ比べるのもおすすめです↓


タイトルとURLをコピーしました