エッグアート作家・橋本敏美の教室はどこ?【在宅で35億円稼げる?】

スポンサーリンク
ヒルナンデス

ヒルナンデスの『何者さん』のコーナーで話題となった、エッグアーティストの橋本敏美(はしもととしみ)さん。

歴史の中で、昔の貴重な作品は、オークションで35億円の値が付くほどの価値だったとか。

副業が流行るなか、スキルを身に付けることは必須ですよね。

趣味の作品が世界レベルまでに評価される凄腕の主婦のプロフィールや教えてもらえる教室はどこか探してみました!

スポンサーリンク

エッグアート作家・橋本敏美の教室はどこ?【ヒルナンデス何者さん】

エッグアーティストの橋本敏美さんは、自宅でエッグアートの教室を行っているようです。

エッグアートレッスンは、

・荻窪教室
・昭島教室

出張教室も可能だそうで、ジュエリーボックスやオーナメントなどかわいいエッグアートも作れるとのこと。

教室の見学もできるそうなので、気になる方は事前に連絡して一度目にしてみるのもありですね。

エッグアート作家・橋本敏美の荻窪教室

荻窪教室:クラフトマスターアルファ (クラフトショップ)

※第3月曜コースを開講
※コース受講、体験講習、1日講習などご希望に合わせて講習。

【日時】月1回 /土曜コース

・2020年3月7日、4月18日、5月16日、6月20日
・午前10時30分~12時30分、13時30分~15時30分

月1回 /月曜コース

・2020年3月9日、4月20日、5月18日、6月22日
・午前10時30分~12時30分、13時30分~15時30分

【講習費】1レッスン2,500円、2レッスン4000円

【材料費 】実費(例 グースエッグの宝石箱3700円~)

【体験講習】 チキンの宝石箱など2500円から3000円(講習費、材料費込み)

【場所】 クラフトマスターアルファ(クラフト材料店)

・荻窪駅南西口徒歩6分
・東京都杉並区南荻窪3-32-4

【電話】03-5932-9025

エッグアート作家・橋本敏美の昭島教室

【日時】金曜日:午前10:00~12:00 午後13:00~15:00

【講習費】1レッスン2,000円

【材料費 】実費

【内容】 製図・カットなどエッグアートの基礎から学ぶコースレッスン。初級の方から上級の方まで和やかにレッスン。

【連絡先】橋本敏美:TEL/FAX 042-541-3275
メール:info@eggart.life.co.jp

 

生徒さんの中には、

●製図カットが面白い
●最初にイメージしていたものと出来上がりが違ったイメージになる時も
●想像以上のものができるとすごく嬉しい気持ちになる
●飾り付けが面白い

という反応のようです。

エッグアーティストは19世紀、ヨーロッパの上流階級で流行し、世界中で愛されたと言われています。

本物の卵を使うところがすごいですよね。

ヒルナンデス何者さん【橋本敏美さんのプロフィール】

通常は宮司の旦那さんと都内の神社で、お手伝いをしているそうです。

仕事の内容は、御朱印のデザインを考えているのだとか。

作品は作り続けて25年にもなり、クラフト作品を作るなど手先が器用なようで、作品集も出版するほどの腕前。

パリで開催されたJapan Expoやロンドンの展覧会に出品するなど世界的な活躍。

アメリカ・イリノイ州でエッグアートと出会ったのがきっかけだそうです。

名前:橋本敏美(59歳)
肩書:
・エッグレジェンド東京主宰
・日本エッグアート協会講師会員
・日本エッグアート協会会長
家族:夫・昇さん、長女:真里南(まりな)さん、次女

エッグアート作家・橋本敏美の作品がすごいと話題

エッグアート作家・橋本敏美の教室はどこ?【在宅で35億円稼げる?】まとめ

エッグアーティストとして世界でも活躍している、橋本敏美さんの教室は、荻窪教室と昭島教室でした。

教室の価格もかなりやすいので、一度体験してみるとハマってしまかもしれませんね。

19世紀のヨーロッパでも流行したエッグアート。

橋本敏美さんの作品自体は、そこまで高い価格設定にしていないそうですが、何か自分にしかできない趣味を極めても楽しそうです。

タイトルとURLをコピーしました