原沢久喜の弟は俳優の原沢侑高でイケメン!両親が離婚で母子家庭?

原沢久喜 弟 俳優スポーツ

原沢久喜(はらさわひさよし)さんは東京オリンピック2020で柔道男子100kg超級に出場。

メダルを期待される中、家族構成も気になるところです。

なんと弟の職業は俳優でイケメンという噂があります。

原沢久喜さんの家族構成やイケメンで俳優の弟についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

原沢久喜の家族構成

原沢久喜さんの家族構成は4人です。

  • 母親
  • 原沢久喜さん
  • 弟・原沢侑高さん

原沢久喜さんの両親は2001年に離婚されています。

子供たち3人もまだ小学生以下の年齢でもあり、母親は女手一つで子育てをしてきたようです。

スポンサーリンク

【顔画像】原沢久喜の弟は俳優の原沢侑高でイケメン!

柔道・原沢久喜さんの弟は俳優の原沢侑高(はらさわゆたか)さん。

原沢久喜 弟 俳優

  • 名前:原沢侑高(はらさわゆたか)
  • 生年月日:1996年12月17日
  • 出身地:山口県下関市
  • 身長・体重:188cm・75kg
  • 所属事務所:浅井企画
  • 資格:地域保育士資格、船舶製図検定、詩吟初段

顔画像も兄の原沢久喜さんと比べてみると、きりっとした目つきや高身長が似ていますね。

2016年より劇団俳優座研究所にて芝居の基礎を学び卒業。2017年8月、浅井企画より俳優としてデビュー。

原沢久喜の弟・原沢侑高も柔道が趣味

弟で俳優の原沢侑高さんも実は柔道が趣味です。

山口県立下関中央工業高等学校を卒業した後は、柔道の道ではなく俳優の道へ。

幼い頃は兄と柔道の組み合いをしたこともあるのではないでしょうか?

高校では柔道2段の腕前ですし、他にも水泳に野球、詩吟、ダンスなど多趣味のよう。

基本的に体を動かすスポーツが好きなようですね。

原沢侑高の経歴!2017年に俳優デビュー

原沢侑高さんは、2016年から劇団俳優座研究所にて芝居を勉強。

卒業後の2017年8月に浅井企画から俳優デビューを果たしています。

過去には有名なテレビドラマや映画、CMにも出演。

長澤まさみさんやももいろクローバーZの高城れにさんともSUZUKIエブリィ「エブリイのおかげでしょ編」で共演していました。

【原沢侑高の主な出演作品】

  • 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~
  • コンフィデンスマンJP プリンセス編
  • メゾン・ド・ポリス
  • CM:SUZUKIエブリイ「エブリイのおかげでしょ編」
  • MV:松室政哉「衝動のファンファーレ」

原沢久喜の弟・原沢侑高はミスタージャパンのファイナリスト

他にも、2018年「ミスタージャパン」のファイナリストとして12人のうちの1人にも選出されていました。

引用元:https://mdpr.jp/news/detail/1765540

真ん中に映るのが原沢侑高さん。

さすがファイナリストに残るぐらいですしかなりのイケメンですよね。

目元などが兄の原沢久喜さんにそっくりです。

原沢久喜の弟・原沢侑高とのエピソード①俳優への道を後押し

原沢久喜さんの弟である原沢侑高さんは当初、俳優になることを母親にかなり反対されたようです。

ですが、兄の原沢久喜さんは

「やりたいなら何でもやればいい。やらないで諦めるよりもやって諦めろ。とにかく東京へ行け!」

と鼓舞したのだとか。

その兄の言葉を聞いて、俳優の道へ進むことを決心した原沢侑高さん。

アルバイトで稼いだ100万円を持って上京したこともあり、兄には頭が上がらないでしょうね。

原沢久喜の弟・原沢侑高とのエピソード②兄を尊敬している

2018年4月、原沢久喜さんは当時所属していた日本中央競馬会を退職して無職になりました。

安定した正社員という職がありながらも、捨てて柔道の道に邁進しようと決意。

2人で銭湯に行って湯舟につかりながら原沢侑高さんが兄に「なぜなのか?」と尋ねると、

「自分自身をもっと追い込んで、持っているものを引き出すために俺は会社を辞めることにした。」

と発言したといいます。

普段から感情をあまり表に出さない兄の強い決意がにじみ出ていて

「俺も負けてはいられない」

と熱く感じたようです。

兄・原沢久喜さんの背中を見て弟・原沢侑高さん自身も心に火が付いたのだとか。

2人で将来のことについて真剣に語り合える姿は兄弟としても素敵な関係ですよね。

スポンサーリンク

原沢久喜の妹の名前は結依で年齢は2歳年下

原沢久喜さんの妹は結依(ゆい)さんと言います。

妹とは仲が良い

妹とは2歳年齢が離れていて、昔から仲が良かったそうです。

年齢も近いのでいろんなことを話しやすかった関係かもしれません。

幼少期に兄の原沢久喜さんからよくちょっかいを出されていたというエピソードもあります。

妹はオリンピック会場で兄の試合を観戦

2016年8月のリオデジャネイロオリンピックでは、母親の敏江さんと妹の結依さんが一緒に会場で観戦。

原沢久喜さんの銀メダルを獲得した試合では、

「五輪まで来るのにいろんな努力をしてきて、最後は惜しかった。ブーイングにちょっと嬉しくて共感した。」

と涙ながらに語っています。

兄の努力を近くで見てきて、心から応援し精神的にもサポートしてたのではないでしょうか。

妹とはLINEで連絡を取り合う仲

原沢久喜さんと妹・結依さんはLINEで連絡を取り合うほど仲が良いようです。

男女の兄妹だと普段はあまり多く連絡をしない関係という人もいますよね。

「応援ありがとう。お母さんにも伝えて。」

と試合を観戦してくれたお礼をLINEで伝えるなど、家族に対しても感謝の気持ちを忘れない原沢久喜さんです。

妹・結依さんもそんな兄を尊敬しているのだと思います。

兄・弟とイケメンな顔立ちなので、妹・結依さんもきっと目鼻立ちがはっきりした美人な方だと想像できますね。

スポンサーリンク

原沢久喜の両親は離婚し母親は高齢者施設の介護職員

原沢久喜 弟 俳優

引用元:https://static.chunichi.co.jp/chunichi/archives/ee/feature/rio2016/news/CK2016081302100024.html

原沢久喜さんの両親は2001年に離婚し、母子家庭で育っています。

母親の名前は原敏江さんで職業は高齢者施設のグループホームの介護職員です。

母親が原沢久喜に柔道を習わせた理由

母親がインタビューで原沢久喜さんに柔道を習わせた理由について、

「兄妹とトランプをしていても、一番になれないとがーっとめちゃくちゃにしてしまう性格。これは何かブ武道をやった方がいいと思ったんです。」

と答えています。

息子の性格を見抜き、発散させる場所として柔道を選んだというだけでもすごいですよね。

小学校1年生から柔道を始め、将来のメダリストになるとは母親も嬉しいでしょう。

母親も原沢久喜に負けないパワフルさ

原沢久喜さんはよく妹や弟と兄妹喧嘩をしていたそう。

喧嘩の仲裁をするために母親が割って入ると原沢久喜さんも激しく反抗します。

怒った母親は、勢い余ってタンスを蹴ると、入り込んだ脚が抜けなくなってしまったのだとか。

子供たちにも負けないほどのパワフルさで子育てをされていたことがよく分かるエピソードですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「原沢久喜の弟は俳優の原沢侑高でイケメン!両親が離婚で母子家庭?」についてご紹介しました。

原沢久喜さんの家族構成は母親・原沢久喜さん・妹・弟の4人。

弟は俳優でイケメンの原沢侑高さんで、テレビや映画などでも活躍している方です。

両親は2001年に離婚しシングルマザーで子供3人を育ててきた母親の原沢敏江さん。

幼少期に原沢久喜さんの性格を見抜き柔道に通わせた母親は先を見通す力が凄い方のようです!

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
momoをフォローする
オモシロゴト
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました