コロナウイルス予防グッズ38選【かからないためには身近な対策を】

ミュージシャン・歌手

新型コロナウイルスが日本にも徐々に広がっていき、今では数名の亡くなられた方もいます。

高齢の方が重症化しやすいイメージですが、20代の若い人でもコロナウイルスを発症してしまうケースも。

有効な治療法がない現在は、身近な予防グッズで対策をし少しでも発症する確率を下げたいところです。

外に出歩くことはそれだけコロナウイルスの感染してしまう可能性が高まることは否定できません。

そこで今回は、ネット通販で購入できる対策グッズ38選をご紹介します。

一時的な対策ではあまり意味がありませんので、日常的な対策やケアをしていきましょう。

コロナウイルスを完全に予防するというものではありません。あくまでも感染する確立を低くするためや、自分自身の免疫力を上げて重症化にならないための参考までととらえてください。
スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ33選を選んだ基準

コロナウイルスを予防するグッズを様々なカテゴリーから選んだ基準は、次の3点です。

●口コミが良いこと
●購入している人が多いこと
●毎日続けやすい価格であること

逆に、口コミが悪い、購入している人が少ない、毎日続けにくい高い価格だと購入することが不安になってしまいます。

購入している人が多い、ということはそれだけ評価してる人が多い、商品の魅力がるグッズだと言えます。

また高額なグッズだと「自分に合っているか一度購入してみて効果をみてみよう」と気軽に試すことができないため手に取りやすい価格帯のグッズにしています。

スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ4選【オゾン発生器】

なかなか感染の広がりに歯止めがかからないコロナウイルス。

2020年8月26日には、新型コロナウイルスに健康には影響がないとされる程度のオゾンガスを使った実験で、感染力を抑える効果があったとする結果を、愛知県の藤田医科大学が発表しました。

内容を分かりやすくまとめると下記のとおりです。

●藤田医科大学の村田貴之教授は、日本の作業環境基準で健康には影響が出ないとされる「0.1ppm」の低濃度のオゾンガスでの実験を行った。
●結果は湿度80%の条件のもとでは、10時間後には感染力のあるウイルスの量が、処理しなかった場合と比べ4.6%にまで減少した。
●さらに濃度が低い「0.05ppm」で実験した場合でも、20時間後には、感染力のあるウイルスの量が5.7%にまで減少した。
人体に有害ではない低い濃度のオゾンガスでも、新型コロナウイルスの感染力を抑える効果があることが判明。
●一方で、湿度55%では、80%のときほどウイルスの量が減らなかった。

引用元:NHK NEWS WEB

大学の実験によると、低濃度のオゾンの量(0.1~0.005ppm)でも環境が揃えば何もしない時に比べてコロナウイルスの割合が減少した実験結果を発表しています。

実験を行った藤田医科大学では、来月から病院の待合室や病室などにオゾン発生器を設置することにしているそうです。

家庭でも使用できるオゾン発生器はありますので、1~2台でも所有することで少しでも感染の確率を減らすことができるかもしれません。

楽天での買い物ならポイントが貯まるサービスがかなりあるので、使ってないとぶっちゃけ損します^^;過去の私がそうでしたw

5と0の付く日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)はポイント5倍なので、楽天カードでポイントをかなり貯めれます。

>>無料で発行できる楽天カードの詳細はこちらをクリック↓

↑いきなり5,000ポイント=5,000円ももらえてしまいます。

スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ3選【マスク】

咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。

対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離でおよそ2mとされています)が、一定時間以上、多くの人々との間で交わされる環境は、リスクが高いです。感染しやすい環境に行くことを避け、手洗い、咳エチケットを徹底しましょう。

引用元:首相官邸ホームページ




スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ2選【アルコール】

手など皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効であることが分かっています。



スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ3選【手ピカジェル】




スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ3選【クレベリン】

クレベリン置き型は空間だけではなく、物に付着したウイルスや菌も99.9%除去してくれる製品。色々な人が出入りする玄関や家族が集まるリビング、寝室などお家の中の様々な所で使える衛生対策のベースとなる製品です。

引用元:https://www.seirogan.co.jp/cleverin/cleverin/




スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ4選【空気清浄機】

細菌やウイルスは、どちらも感染症を引き起こす微生物ですが、細菌は環境が整えば自ら細胞分裂し増殖していくのに対し、ウイルスは生物の細胞内に寄生して栄養分を吸い取らないと増殖できません。

細菌は1~10㎛(マイクロメートル)ですが、ウイルスは細菌の1/10~1/100程度の大きさしかありません。ですので、一般的な空気清浄機のフィルターでは、細菌はキャッチできるが、ウイルスをキャッチすることができないというものもあるので、注意が必要です。

引用元:entre square





次亜塩素酸水なら「除菌水ジーア」花粉やウイルス、消臭対策に活躍

赤ちゃんやペットのいる家庭なら「除菌水ジーア」を使っている人が増えています。

キャンペーン中は超音波加湿器ももらえるのでお早めに↓

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア



スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ3選【うがい】

手洗いうがい・消毒・マスク・咳エチケットといった、一般的な感染症予防の方法を国民全員が踏襲していくことで、大規模な流行は抑え込めるはずです。

引用元:https://www.careritz.co.jp/magazine/16406/






スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ3選【十分な水分を取り水を飲む】

こまめに水分を補給し、ウイルスがのどに留まらないようにしましょう。また、緑茶のカテキン成分は、インフルエンザなどのウイルスの吸着を阻害して感染を防ぎます。緑茶をこまめに飲みましょう。

引用元:https://www.city.makinohara.shizuoka.jp/soshiki/17/32296.html






いちいち購入するのが面倒な人は、病院でもたくさん設置されている卓上水素水サーバー『ピュアラスミニ』がおすすめです。

フィルターなどの消耗品もないし、維持費は0円。

設置もしてくれてコンセントを入れるだけで簡単です。

体に安全で衛生的な水を飲み続けるのであれば、■病院に置いてある水素水サーバーが安心です。

良い水を飲んでウイルスが喉に止まらないようにしましょう。

無料で資料請求ができるので詳細を見たい方はぜひ。

スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ3選【納豆】

「納豆菌は、腸の上皮細胞(腸管バリア細胞)を活性化させることがわかっています。また、納豆に含まれる多糖の一種レバンと、ネバネバの成分であるポリグルタミン酸も、免疫機能を調整してくれる。タレを入れる前にしっかり練って、ポリグルタミン酸を増やすのがオススメです」(管理栄養士の望月理恵子さん)

引用元:msnライフスタイル






スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ3選【メガネ】

日本環境感染学会によると、ウイルスは基本的に飛沫により感染するため、手指の衛生管理に注意が必要で、菌が付着した手を介して目や口の粘膜に接触することで感染の危険が高まるという。

引用元:https://www.fashionsnap.com/article/2020-02-05/colonavirus-eyewear/






スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ3選【ヨーグルト】

免疫力を高めるためには「腸」が重要な働きをしています。腸内にはたくさんの腸内細菌が生息しています。そして乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が増えると、腸の働きが良くなります。

引用元:https://newscast.jp/news/424449







・乳酸菌と酵母にビフィズス菌にこだわったヨーグルトなら>>【WEB限定】ケフィアヨーグルトモニターセット

スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ3選【乳酸菌】

新型コロナウイルスによる肺炎、ウイルス性胃腸炎、インフルエンザなど、様々なウイルスによる感染症が流行しています。ウイルスに負けないためには、腸内細菌を整えることが重要です。
引用元:https://athleterecipe.com/column/21/articles/202002050000363







・自分の体にもともとすんでいる善玉菌を守って増やすなら>>【善玉元気】

スポンサーリンク

コロナウイルス予防グッズ33選【かからないためには身近な対策を】まとめ

今回は「コロナウイルス予防グッズ30選【かからないためには身近な対策を】」についてご紹介しました。

首相官邸ホームページにあるように「新型コロナウイルスに感染しないようにするために」ということで

(1)手洗い
(2)普段の健康管理
(3)適度な湿度を保つ

という注意書きが書かれています。

コロナウイルス予防のため、身近にできる予防対策グッズでかからないように心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました