【動画】嵐新曲「カイト」の歌詞の意味や発売日【米津玄師コラボ】

スポンサーリンク

2019年12月31日に米津玄師さんが書き下ろしの新曲「カイト」を嵐に提供することが分かりました!

嵐の活動休止ラストイヤー前の新曲ということで注目が集まっています。

新曲「カイト」の歌詞の意味はどんな想いが込められているんでしょうか?

発売日なども調査しました!

スポンサーリンク

嵐の新曲は「カイト」歌詞の意味・発売日は?

嵐の新曲×米津玄師さんとのコラボ曲が報じられました。

NHKは17日、『東京2020オリンピック・パラリンピック』が開催される2020年とその先の未来に向け、アスリートや若い世代を応援する楽曲を制作したことを発表し、嵐と米津玄師による夢のコラボレーションが実現したことが明らかになった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00000318-oric-ent

新曲の名前は「カイト」。

前作のコラボ曲でFoorinの「パプリカ」を大ヒットさせたことでも記憶に新しい米津玄師さんの楽曲提供ということで気になります。

「パプリカ」と同じく「カイト」という曲名もカタカナ表記です!

「パプリカ」も何とも日本っぽい音色を組み合わせられた、聞き心地が良い曲。

嵐の初デジタルシングルの「turning up」も洋楽的なノリのいい新曲だったために気になりますね。

嵐の新曲は「カイト」歌詞の意味は?

※12月31日に紅白歌合戦2019でカイトが初披露されました。

小さな頃に見た 高く飛んでいくカイト

離さないよう ぎゅっと強く握りしめていた糸

憧れた未来は 一番星の側に

そこから何が見えるのか ずっと知りたかった

母は言った「泣かないで」と 父は言った「逃げていい」と

その度に止まない夢と 空の青さを知っていく

風が吹けば歌が流れる 口ずさもう彼方へ向けて

君の夢よ叶えと願う 溢れ出す ラルラリラ

小さな頃に見た 大きな羽のカイト

思い出よりとても古く 小さい姿でいた

憧れた未来は いつもの右ポケットに

誰も知らない物語を 密かに忍ばせて

友は言った「忘れない」と あなたは言った「愛してる」と

些細な傷に宿るもの 聞こえてくるどこからか

風が吹けば歌が流れる 口ずさもう彼方へ向けて

君の夢よ叶えと願う 溢れ出す ラルラリラ

嵐の中をかき分けていく小さなカイトよ

悲しみを超えてどこまでも行こう

そして帰ろう その糸の繋がった先まで

風が吹けば歌が流れる 口ずさもう彼方へ向けて

君の夢よ叶えと願う 溢れ出す ラルラリラ

作詞作曲を担当した米津玄師さんが言われていたように、「戻ってくる場所があればいい」と嵐のことを思い浮かべて作られたような曲でしたね^^

歌詞の中にも「嵐」と入っているところもいいです!

来年の東京オリンピック2020でたくさん流れるとも言っていました。

曲調は、未来への明るい希望のようなゆったりとした落ち着くような壮大な雰囲気の曲でしたね。

嵐の新曲の発売日・配信日

こちらも内容が分かり次第更新します。

嵐の新曲は告知をしてから約2ヶ月ぐらいなので、「カイト」のCD発売日は2020年の2~3月頃と予想されます。

東京オリンピック2020の開催期間が2020年7月24日(金) ~2020年8月9日。

その前の特番などのプロモーションを考えても遅くても2020年4~5月には発売されそうです!

現在、NHKの公式サイトでスペシャルムービーとして動画が公開されてます↓

>>NHK2020応援ソング公式サイト

嵐新曲「カイト」へのコメント

嵐の相葉雅紀さんは次のようにコメントしています。

このたび、僕たち嵐がNHK2020ソングを歌わせていただくことになりました。また、今回米津さんとコラボレーションさせていただいたこと、大変光栄に思っています。米津さんが作ってくださったこの曲は、頑張っている人が救われるような優しさにあふれていて、歌っていてとても感動しました。

この曲でオリンピック、パラリンピックをはじめ、2020年の日本全体を盛り上げられるよう心を込めて歌わせていただきます。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00000318-oric-ent

合わせて米津玄師さんも、子どもの頃からテレビで見てきた嵐への新曲の提供は思うところがあるみたいですね。

僕が子どもの頃から変わらず活動してきた嵐の休止前ラストイヤー、その一幕に関われることをとても光栄に感じています。

カイトは長く残る曲になってほしいと願いながら制作しました。どうか広く行き届きますように。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00000318-oric-ent

【動画】嵐の新曲は「カイト」米津玄師とコラボ

嵐新曲「カイト」へのネット上の反応

https://twitter.com/nagisa20543796/status/1212032579563446272
https://twitter.com/hatch1013/status/1212032425817079810

https://twitter.com/honnoriheartful/status/1212032277762342912
https://twitter.com/kaikaitokai/status/1207084322127151104

 

米津玄師とコラボしたアーティスト

意外にも結構前からアーティストとコラボしてる米津玄師さん。

2011年には、2019年の紅白歌合戦で初出場のLiSAさんともコラボしていたんですね。

●2011年:LiSA
●2016年:中田ヤスタカ
●2017年:DAOKO
●2017年:池田エライザ
●2017年:菅田将暉
●2017年:常田大希(King Gnu)
●2018年:Foorin
●2019年:菅田将暉
●2019年:嵐

中田ヤスタカとコラボ

2016年10月15日公開の映画映画『何者』で中田ヤスタカとコラボ。

『NANIMONO EP/何者(オリジナル・サウンドトラック)』で、米津玄師さんは主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」の作詞とボーカルを担当。

Foorinとコラボ

Foorinが歌うパプリカも嵐の新曲である「カイト」と同じ、NHK2020応援ソングです。

小さな子どもから、大人まで歌いやすい踊りやすい曲調。

ソフトバンクの松田宣浩選手も自分の登場曲で使用していました。

DAOKOとコラボ

「打上花火」という楽曲を提供。

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌としてDAOKOさんとコラボしています。

DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO

日本的なメロディですが、ポップスの要素も加わって米津玄師さんらしい曲ですね。

菅田将暉とコラボ

俳優の菅田将暉さんともコラボが実現。

米津玄師からの熱烈にオファーしたのだとか。

  • 2018年3月にリリースした1stアルバムの「PLAY」に収録されている「灰色と青(+菅田将暉)」

池田エライザとコラボ

2017年11月1日(水)に発売した米津玄師のアルバム「BOOTLEG」に収録されている「fogbound」で池田エライザさんともコラボ。

【動画】嵐新曲「カイト」の歌詞の意味や発売日【米津玄師コラボ】まとめ

嵐の新曲がまさかの米津玄師さんとのコラボレーションが実現。

2020NHK応援ソングとして歌詞も嵐の5人や、オリンピックに出場される選手や、たくさんの人達への応援ソングとして愛される楽曲になりそうです!

ファンからもたくさんの歓喜の声が上がっています。

嵐の新曲「カイト」が12月31日のNHK紅白歌合戦での公開されました。

発売日が待ちどおしいですね^^

スポンサーリンク
momoをフォローする

あなたにおすすめの記事

オモシロゴト
タイトルとURLをコピーしました